現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 不可能と言われた「防弾」EV テスラ・サイバートラック、ついに納車開始

ここから本文です
不可能と言われた「防弾」EV テスラ・サイバートラック、ついに納車開始
写真を全て見る(2枚)

約4年越しの出荷開始

米国の自動車メーカーであるテスラは11月30日、サイバートラックの納車を開始した。重量3トン以上、最高出力845ps、防弾を謳うステンレス鋼合金製ボディの新型EVが、初公開から約4年を経てついに購入者の手に届けられる。

【画像】ついに来た近未来。ステンレス鋼ボディの電動トラック【テスラ・サイバートラックを写真で見る】 全26枚

テスラのイーロン・マスクCEOは顧客向けの特別イベントで、「当社の最高の製品であり、道路上で最もユニークなものだと思う。未来は未来らしくあるべきだ」と述べ、出席した購入者数名にサイバートラックを引き渡した。

当初、テスラは納車開始予定を2021年としていた。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

アルバカーキ、アキュラでのル・マン参戦を諦めず「準備はできているが、様子を見なければならない」
アルバカーキ、アキュラでのル・マン参戦を諦めず「準備はできているが、様子を見なければならない」
AUTOSPORT web
群馬の「無料バイパス」延伸に反響! 新東西軸「上信道」3月に7km開通 永野原・草津がより近く
群馬の「無料バイパス」延伸に反響! 新東西軸「上信道」3月に7km開通 永野原・草津がより近く
乗りものニュース
ホンダ新型「”車中泊専用”軽ワゴン」公開! 4人寝られる“開く屋根”仕様!? 超オシャレな「N-BOX」に「気になる!」の声も
ホンダ新型「”車中泊専用”軽ワゴン」公開! 4人寝られる“開く屋根”仕様!? 超オシャレな「N-BOX」に「気になる!」の声も
くるまのニュース
ホンダの「懐バイク」とスニーカーショップがコラボ!? 昭和をテーマに渋谷の店内に実車を展示
ホンダの「懐バイク」とスニーカーショップがコラボ!? 昭和をテーマに渋谷の店内に実車を展示
バイクのニュース
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
ジープ「ワゴニア」が予想以上の740万円! アメリカン・クラシックSUV人気が欧州にも波及しはじめた!?
Auto Messe Web
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
BTCCからホンダの名が消滅。フォード陣営の王者NAPAレーシングUKとヒョンデ・エクセラー8は体制不変
AUTOSPORT web
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
【33年間愛され続けたBMW】走行距離35万7千km&1,840万円の維持費と修理費 V12搭載の高級クーペ「BMW 850CSi」の物語
AutoBild Japan
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
遂にクルマにもChatGPT(チャットGPT)標準装備 フランスDS社が自動車ブランドとして世界初の試み
AUTOCAR JAPAN
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
「あの感覚を求めても無理」「さらに先にグリップがある」「トラフィックで0.4秒ロス」【SF Mix Voices 鈴鹿合同テスト2日目後編】
AUTOSPORT web
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
KTM、大阪/東京モーターサイクルショーに4ブランドを出展。国内初披露の新型も展示
AUTOSPORT web
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
レスポンス
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
26年落ちスバル「インプレッサ」が約2000万円!? 修復歴ありでも「超極上」! 感涙モノの「爆レアマシン」米で落札に「嫉妬で狂いそう」! なにがそんなに”大事件”だったのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
[15秒でわかる]日産『インタースター』新型…初の大型商用EVも設定
レスポンス
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
なんと首都高は路肩の雪をすべて人力で除雪していた! いくらなんでも丁寧すぎないか?【清水草一の道路ニュース】
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
Auto Messe Web
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
2月24日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
ベストバイは、フラッグシップの「SPORT RS」で決まり! トヨタ・クラウンスポーツPHEVモデル 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
FIA F2参戦ダムス・ルーカスオイルがB.R.Mと複数年契約。コラボレーションウォッチも登場
AUTOSPORT web

みんなのコメント

80件
  • l71********
    >これまで100万台以上の予約が入ったと言われているが、現時点での具体的な受注数は確認できていない。

    100万台!?!?
    生産台数・販売台数世界一のトヨタが簡素な(というか普通の)車メインで年間1千万台しか作れない・売れないのに、このどう考えても製造に時間とコストがかかる車を100万台も受注できると思えないんだが・・・
    受注したとして50年かけて納品(=年2万台)がせいぜいではないの??
  • 星部品
    小学生の夏休みの工作みたいなデザインだな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村