サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ禍で「ETCゲート」のみになる可能性も! クレジットカードが「作れない」人は高速に乗れなくなるのか

ここから本文です

コロナ禍で「ETCゲート」のみになる可能性も! クレジットカードが「作れない」人は高速に乗れなくなるのか

「ETCパーソナルカード」があれば作れる!

 COVID-19新型コロナウイルスの抑え込みにはまだまだ時間がかかりそうです。すでにウィズコロナといって、コロナウイルスとの共存を前提とした社会デザインを考えるべきという見方も少なくありません。

警戒すべきは盗難じゃない! ETCの挿しっぱなしが危険な理由とは

 そうした流れにあって、高速道路においては人と人の接触を回避するため有人料金所を廃止して、ETCに完全統一する方向で検討しているという話も伝わってきています。たしかに、NEXCO東日本の発表(https://www.e-nexco.co.jp/activity/safety/detail_05/etc_diffusion/usage/)によると直近2020年5月のETC利用率は91.5%となっています。これだけ普及しているのであれば、1割弱のユーザーのために有人料金所を維持しておくというのはコスト負担(当然、ETCユーザーの負担でもあります)の面からも考え直す時期といえます。

 とはいえ、ETCを利用するにはETC車載器に差し込むためのETCカードが必要で、ETCカードというのはクレジットカードに付帯するものです。そのため「クレカを持っていない、クレカが作れない人は高速道路を使うな、というのか!」という声があるのも事実。

 では、ETCを利用するには絶対にクレジットカードが必要かといえば、そうではありません。そうしたユーザーでもETCが利用できるように『ETCパーソナルカード』というものが用意されています。

 これは、東/中/西のNEXCOに加え、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の6社が共同して発行するETCカードで、銀行口座にひも付けして、月に一回利用料金を引き落とすというETC単機能のカードです。

 平均利用月額の4倍を目安にデポジット(保証金)を収める必要があり、その最低額は2万円となっているので、最初に作るときのハードルの高さはありますが、なんらかの事情でクレジットカードがつくれない人でもETCが利用できるような仕組みは存在しているのです。

 ETC車載器や最低2万円のデポジットが必要

 もちろん、ETCを利用するにはカードだけではダメで、ETC車載器も必要になります。車載器の購入・取り付け工賃、そして車両情報を暗号化して読み込ませるセットアップと呼ばれる作業が必要になりますので、ユーザーからすると安くはない負担があります。

 これまで「通行料を払うための機械のコストをユーザーが負担するのはおかしい」という声もあり、それが有人料金所を残す理由となっていました。ウィズコロナを錦の御旗にして、完全ETC化を進めていると感じる部分もありますが、人の接触を減らすというトレンドが進む限り、ETC化に反対する人は少数派になっていきそうなムードといえるのではないでしょうか。

 まとめると、クレジットカードがつくれなくてもETCは利用できるよう「ETCパーソナルカード」というものが存在しています。ただしカードの作成時に最低2万円のデポジットが必要で、なおかつETC車載器も装着しなくてはいけないので、これからETCを利用しようというのであれば、万単位の初期コストがかかる可能性があります。

 もっとも、前述のようにETCの利用率は90%超えで、激安中古車でもETC車載器をつけていますし、レンタカーなどもETC車載器は当たり前のように装備しています。その意味ではカードさえ作ってしまえば、ETCを利用するハードルは意外に高くないともいえそうです。

■ETCパーソナルカード参考ページ(NEXCO西日本) (https://www.w-nexco.co.jp/etc/personal_card/)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します