サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【進化の影で失ったモノも!?】新型クラウン モデルチェンジの功と罪

ここから本文です

 進化と引き換えに失うモノもある!? それが「新型車」の難しさであり、宿命かもしれない。 

 多くの車種は、約4~6年周期で行われるフルモデルチェンジで代替わりし、最新の技術やトレンドに合わせた飛躍的な進化を遂げる。もちろん、マイナーチェンジや年次改良などでも改良を重ねるが、その進化幅には限りがある。

【2020年ダイハツ最注目車】新型タフトで勝負!! 打倒ハスラーに虎視眈々

 一方で、進化と引き換えにそれまで持っていた独自の魅力が薄まってしまうケースもある。それがモデルチェンジの難しさ。長年続く人気車種であればなおさらだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ