サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズ、新型マシンは上々の滑り出し。ラッセル「チームは素晴らしい仕事をした」

ここから本文です

 今年のウイリアムズは昨年とは異なり順調なスタートを切ったように見える。

 2019年シーズン、彼らはマシンの完成が遅れたことで、テスト開始から2日半が経過した段階でようやくコースインするような状況だった。しかし今年のプレシーズンテスト(カタルニア・サーキット)において、ウイリアムズはトラブル無く初日から合計136周の走行をこなしてみせた。

■苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?

 午前中の走行を担当したウイリアムズ2年目となるジョージ・ラッセルは、昨年のテスト第1週の合計よりも33周多い73周を走り込み、6番手タイムを記録した。

おすすめのニュース

サイトトップへ