サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ「ステップワゴン」改良 “わくわくゲート”非装着仕様をスパーダに新設定

ここから本文です

ホンダ「ステップワゴン」改良 “わくわくゲート”非装着仕様をスパーダに新設定

2モーターハイブリッド車の名称変更へ

 ホンダは、好評を集めているミニバンの「STEP WGN(ステップワゴン)」を一部改良。同時に電動化のコア技術になっている高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムを搭載した仕様を”e:HEV(イー エイチイーブイ)”の名称へ変更。ステップワゴンでは上位グレードに用意されている。

ガラスハッチに観音開き! 荷物を出し入れしやすい「バックドア車」の見極め方とは

 e:HEVは高い環境性能と走りの楽しさを実現したハイブリッドシステムで、環境性能と走りを両立するため、駆動用と発電用の2つのモーターを搭載。さらに高効率のエンジンを組み合わせることで、状況に応じてそれぞれを自由に動かせる構造だ。

 発進を含む低速走行から高速走行までの全域で、モーターがタイヤに直接駆動力を伝えるレスポンスに優れた走りが魅力。バッテリーの充電状況などに応じて、高速クルージング時は、エンジンがタイヤを直接駆動するモードに切り換わるようにもなっている。この2つのモーターとエンジンを独立して動かせるという自由度が高いシステムによって、あらゆるシーンで高効率な走りを実現する。

 e:HEV(イーエイチイーブイ)の搭載グレードは、「e : HEV SPADA G」、「e : HEV SPADA G・EX」、「e:HEV Modulo X」の3つ。また、「e : HEV SPADA」のシート表皮には撥水撥油加工をほどこした「FABTECT(ファブテクト)」を採用し、油汚れがついたり飲み物をこぼしたりしても、拭き取りやすく、シミになりにくいシートを採用している。さらに、「e:HEVスパーダ」ではテールゲートの横開きサブドアの”わくわくゲート”を装備しない仕様も用意するなど、ユーザー選択の幅をさらに広げたのも特徴だ(サイドリフトアップシート車、助手席リフトアップシート車、Modulo Xは、”わくわくゲート”装備車のみ)。

 なお、ボディカラーはフォレストグリーン・パール、プレミアムスパイスパープル・パール、オブシダンブルー・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、プラチナホワイト・パールなど全10色となっている。

・STEP WGN 271万4800~444万9500円・STEP WGN 福祉車両 車いす仕様車 311万2000~341万2000円・STEP WGN 福祉車両 サイドリフトアップシート車 298万3000~318万3000円・STEP WGN 福祉車両 助手席リフトアップシート車 291万6000~311万6000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します