現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW、実用的な高級車「ID.7ツアラー」 荷物 "積み放題" の電動ワゴン 約1000万円から受注開始、欧州

ここから本文です
VW、実用的な高級車「ID.7ツアラー」 荷物 "積み放題" の電動ワゴン 約1000万円から受注開始、欧州
写真を全て見る(1枚)

航続距離685km、トランク容量1714L

ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、新型の電動ステーションワゴン「ID.7ツアラー」の受注を欧州で開始した。右ハンドルの英国価格は5万2240ポンド(約1000万円)から。

【画像】最高出力340psの「GTX」も設定! VW最新ワゴン【フォルクスワーゲンID.7ツアラーを写真で見る】 全21枚

フォルクスワーゲンにとって初となる量産EVワゴンであり、ボディサイズは全長4961mm、全幅1862mm、全高1536mm。セダン版のID.7と基本プロポーションは同じだ。

トランク容量は5人乗車時で605L、後部座席を格納すると1714Lに拡大できる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
「ゲレンデ」にも電気の時代が来た! メルセデス・ベンツGクラス G 580へ試乗 破壊的に速い4モーター
AUTOCAR JAPAN
新型ロータス・エレトレ Sへ試乗 「5.1m」が小さく感じる敏捷性! 歴代最高のインテリア
新型ロータス・エレトレ Sへ試乗 「5.1m」が小さく感じる敏捷性! 歴代最高のインテリア
AUTOCAR JAPAN
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
ちょっとクセが強すぎかも? オラ07 試作車へ試乗 モデル3へ並ぶ航続距離 欧州で販売へ
ちょっとクセが強すぎかも? オラ07 試作車へ試乗 モデル3へ並ぶ航続距離 欧州で販売へ
AUTOCAR JAPAN
伝統の「ディフェンダー」 ランドローバーが2025年モデル発表 「130」にV8エンジン選択も可能へ
伝統の「ディフェンダー」 ランドローバーが2025年モデル発表 「130」にV8エンジン選択も可能へ
AUTOCAR JAPAN
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
【ガソリン消滅でディーゼル一本化へ】 ランドローバー・ディスカバリー 2025年モデルで見直し
【ガソリン消滅でディーゼル一本化へ】 ランドローバー・ディスカバリー 2025年モデルで見直し
AUTOCAR JAPAN
マセラティ新型「グランカブリオ」日本で受注開始! 新しい4シーターオープントップは エンジンモデルの「トロフェオ」が登場
マセラティ新型「グランカブリオ」日本で受注開始! 新しい4シーターオープントップは エンジンモデルの「トロフェオ」が登場
VAGUE
驚異的な加速力! AMG史上最速モデルが欧州で受注開始 新型メルセデスAMG「GT63 SEパフォーマンス クーペ」の気になる価格とは
驚異的な加速力! AMG史上最速モデルが欧州で受注開始 新型メルセデスAMG「GT63 SEパフォーマンス クーペ」の気になる価格とは
VAGUE
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
グレー×ブラックの都会派SUV 250台限定 アウディQ2アーバン・シック・エディション
グレー×ブラックの都会派SUV 250台限定 アウディQ2アーバン・シック・エディション
AUTOCAR JAPAN
トヨタが新型「“背高”商用バン」実車公開! 「斬新」顔が超カッコイイ! スライドドア装備の新型「プロエースシティ」伊で登場
トヨタが新型「“背高”商用バン」実車公開! 「斬新」顔が超カッコイイ! スライドドア装備の新型「プロエースシティ」伊で登場
くるまのニュース
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
DS社フラッグシップSUVに限定仕様車 DS 7リヴォリEテンス4x4 シックで上質感のあるインテリア
AUTOCAR JAPAN
ツインターボ+電動スーチャー+ISG! メルセデスAMG CLE 53 クーペへ試乗 速度重視から快適重視まで
ツインターボ+電動スーチャー+ISG! メルセデスAMG CLE 53 クーペへ試乗 速度重視から快適重視まで
AUTOCAR JAPAN
【スクープ】三菱デリカD:5が18年ぶりにフルモデルチェンジへ!後継モデルの「D:6」は電動専用モデルに進化する!
【スクープ】三菱デリカD:5が18年ぶりにフルモデルチェンジへ!後継モデルの「D:6」は電動専用モデルに進化する!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ランチア新型「イプシロン」欧州で注文開始! EVに加え48Vハイブリッドも用意する高級コンパクトカーの“気になる価格”とは
ランチア新型「イプシロン」欧州で注文開始! EVに加え48Vハイブリッドも用意する高級コンパクトカーの“気になる価格”とは
VAGUE
新型3列シートコンパクトSUV登場、航続400kmのEVも設定…オペル『フロンテラ』
新型3列シートコンパクトSUV登場、航続400kmのEVも設定…オペル『フロンテラ』
レスポンス

みんなのコメント

12件
  • まこと
    荷物積み放題なのはいいけどお値段張りますな
  • kvg********
    値段が少し高いよなぁ。
    52000ユーロ。比較車として適切ではないがトヨタのCセグ相当bz4X(EV)が42000ユーロ。カローラWGN(HEV)なら34500ユーロ。
    欧州(ドイツ)の場合、そこそこ高価な車、EVやPHEV、車型ならワゴン、サイズならガソリン車の2000-3000cc相当、メルセデスのCやE、BMWの3や5の一部あたりが、カンパニーカー需要に頼り過ぎでは? 
    カンパニーカーを使う側も、会社のイメージアップや、税制的に電動車が優遇されるのだろうことは容易に予想される。結果、高値安定が維持。EV頭打ちの理由の一つでは?一般人、ひらの社員にはEVやPHEVは、やはり高すぎる?
    ドイツのPHEVはの70%近くがカンパニーカーと言う記事も過去に。ガソリン代補助があるから、PHEVでも面倒な充電はしないらしいとも(=CO2は期待通りには減らない)。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村