現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」

ここから本文です
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
写真を全て見る(5枚)

アウディ(Aufi)は4月25日に中国で開幕する北京モーターショー2024に、新型電動SUV『Q6 e-tron』の高性能モデル、「SQ6 e-tron」を出展する。アウディが4月18日に発表した。

SQ6 e-tronは、前後にモーターを搭載し、4輪を駆動する。モーターのトルクは、フロントが28kgm、リアが59.1kgm。前後のモーターの合計パワーは、489hpだ。強力なモーターによって、0~100km/h加速4.4秒、最高速230km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』にロング版「L」…北京モーターショー2024で発表へ

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は100kWh(ネット94.9kWh)。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
WEBヤングマシン
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
VAGUE
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
WEB CARTOP
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
バイクのニュース
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
Merkmal
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
motorsport.com 日本版
スバル、「クロストレック」、「インプレッサ」が自動車安全性能2023ファイブスター大賞を受賞 衝突安全性能と予防安全性能で最高得点を獲得
スバル、「クロストレック」、「インプレッサ」が自動車安全性能2023ファイブスター大賞を受賞 衝突安全性能と予防安全性能で最高得点を獲得
月刊自家用車WEB
日産 キックス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
日産 キックス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
に、2000ccの空冷ネイキッドだとぉ?! BMWが「R20コンセプト」を公開!
に、2000ccの空冷ネイキッドだとぉ?! BMWが「R20コンセプト」を公開!
WEBヤングマシン
5カ月連続の前年割れの中、スズキ勢や三菱デリカミニが好調!(SUV除く軽自動車販売TOP15・2024年4月)
5カ月連続の前年割れの中、スズキ勢や三菱デリカミニが好調!(SUV除く軽自動車販売TOP15・2024年4月)
カー・アンド・ドライバー
トヨタ「ランドクルーザー」買うなら「ディーゼル」「ガソリン」どっちがいい? 迷ったらガソリンを選ぶべき理由とは?
トヨタ「ランドクルーザー」買うなら「ディーゼル」「ガソリン」どっちがいい? 迷ったらガソリンを選ぶべき理由とは?
くるまのニュース
[バイクの仕組み] モノブロックのブレーキキャリパーって何がスゴいの?
[バイクの仕組み] モノブロックのブレーキキャリパーって何がスゴいの?
WEBヤングマシン
国産最高峰のトヨタ「センチュリー」年収いくらなら買えますか? 新車価格は2500万円! 個人でも購入することはできるのか
国産最高峰のトヨタ「センチュリー」年収いくらなら買えますか? 新車価格は2500万円! 個人でも購入することはできるのか
VAGUE
トヨタ新型「クロス」初公開! 超カッコイイ“レクサス級”「斬新フェイス」に注目! 精悍さアップの「コンパクトSUV」ブルネイで発売
トヨタ新型「クロス」初公開! 超カッコイイ“レクサス級”「斬新フェイス」に注目! 精悍さアップの「コンパクトSUV」ブルネイで発売
くるまのニュース
「モンスター歩行者…」突然の信号無視による事故発生。それでも全部クルマが悪い?
「モンスター歩行者…」突然の信号無視による事故発生。それでも全部クルマが悪い?
月刊自家用車WEB
トヨタがつくったストーリー型の御朱印帳! 「倭姫命の御朱印巡り」がクラウドファンディングに登場
トヨタがつくったストーリー型の御朱印帳! 「倭姫命の御朱印巡り」がクラウドファンディングに登場
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

4件
  • 浩美
    アウディは上品でエレガントで、大好きです❤️
    日本では、MBやBMWよりも台数が少ないところも良いですね。
  • mon********
    ドイツ車はすごい!圧倒的だ!
    システム出力は489馬力だそうだ。
    レクサスRZ450eは前後モーター合わせて312.9ps。
    アリアNISMO B9は320kW(435ps)だ。
    パフォーマンスでは国産勢は全くお話にもならない。
    いつになったら日本車はドイツ車に追いつけるんだろう。
    悔しいな。
    振り向けば中国車、韓国車に追いつかれつつある日本車。いまだに排気ガスを排出する内燃機関車ばかりが主力の日本車。
    欧州車の性能に一旦は並んだか、と思ったらEVで周回遅れ。日産リーフでEV販売台数世界一!なんてやっている場合ではなかったのだよ。恐るべし欧州車、といったとこれだろうな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村