サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GAINER TANAX GT-RがQ1ダントツのGRスープラ勢を退けてPPを獲得【第1戦岡山GT300予選】

ここから本文です
 4月10日、2021年シーズンのスーパーGT第1戦公式予選が岡山国際サーキットで行われ、GT300クラスはGAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信組)がポールポジションを獲得した。

 例年開幕戦の舞台としてお馴染みの岡山だが、2020年シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、スーパーGTの開催がなかった。今大会は2年ぶりの公式戦開催となり、多くのファンが駆けつけた。午前中に行われた公式練習ではSUBARU BRZ R&D SPORTがトップタイムを記録。抜きにくい岡山で上位グリッドを獲得するのはどのマシンなのか。公式予選は14時にスタートを迎えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン