現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【竹内さくらのスペイン記】MotoGPでリカルド・トルモを隅々まで探索。中上貴晶選手は スペインでも大人気!

ここから本文です

【竹内さくらのスペイン記】MotoGPでリカルド・トルモを隅々まで探索。中上貴晶選手は スペインでも大人気!

掲載 1
【竹内さくらのスペイン記】MotoGPでリカルド・トルモを隅々まで探索。中上貴晶選手は スペインでも大人気!

 11月24~26日、MotoGP最終戦バレンシアGPがリカルド・トルモ・サーキットで開催されました。FIM MiniGP WORLD FINALも終わり、ひと段落がついてからレースを観戦したレースアナウンサーの竹内さくらさんが、観客席やコースサイドの様子をお届けします。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

【竹内さくらのスペイン記】小学6年生ふたりがMiniGP世界戦に挑戦。日本を飛び出しバレンシアへ

こんにちは! レースアナウンサーの竹内さくらです。

アナウンサーとして成長すべく、知見を広げるためにヨーロッパ開催のMotoGPを観に来ました! 場所はモータースポーツの盛んなスペイン。

もうひとつの目的、平日開催のFIM MiniGP WORLD FINALは無事見届けることができました。
そちらの記事はこちらをご覧ください。
【竹内さくらのスペイン記】小学6年生ふたりがMiniGP世界戦に挑戦。日本を飛び出しバレンシアへ
【竹内さくらのスペイン記】ふたりの夢は『MotoGPのチャンピオン』。バレンシアで得た貴重な経験と悔し涙、そして2位に日の丸

日本を飛び出して初めての海外!
今までにバレンシアやMotoGP観戦の記事はautosport webにいくつかあるので、スペインへの感動含め、私が面白かったこと・伝えたいことをお届けします! レース内容にはほぼ触れないので、雑多な現地リポートをお楽しみ下さい。

今年は最終戦までMotoGPのチャンピオンが決まっておらず、フランセスコ・バニャイアVSホルヘ・マルティンの構図。そしてMotoGPの中上貴晶選手を筆頭に、日本人ライダーも活躍中! 来年は違う体制になる選手もいるので、ますます最終戦の走りに注目です。

■どんなサーキット?
戦いの舞台はスペインのバレンシア。サーキットの名称は『Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo』。シルクイート・デ・ラ・コムニタート・バレンシアーナ・リカルド・トルモと読むそうですが、一般的にサーキット・リカルド・トルモと呼ばれています。観客は1個所からコースのほとんどを見渡すことが出来るサーキットです。

メインストレートからスタジアムの様に客席がコース外周にぐるっと続いていて、最初はその席数に圧倒されました。果たしてどれぐらい埋まるのかなーと平日はその空席を眺めていましたが、なんと日曜にはチケットSOLD OUT!

金曜日 17,034人、土曜日 85,811人、日曜日 93,044人で合計19万5889人が来場。人でいっぱいのスタンド席からは熱気が立ち登っているのが分かります。こんなにたくさんの方がレースを見に来てるんだ! と見たことのないスケールに驚き、心から感動しました。

GPライダーと1番お近づきになれるHERO WALKは人人人! 人でいっぱい! 日本GPでも行われましたがレッドカーペットが敷かれたエリアをライダーが歩き、その周りにいる観客がセルフィーで写真を撮ったり、サインをおねだりできる大チャンス。やはりスペイン人ライダーへの応援の声が大きいです。特に人気なのはマルク・マルケス。そしてチャンピオン候補のホルヘ・マルティン。

サーキット内で全体的にモニターの数が多いのがとても良かったです。スタンド席にはいくつも設置され、メインビジョン、カフェ、パドックを歩いてもオフィシャルの仮説大型モニターがいくつも。やっぱりどこにいても随時展開を見れるのは嬉しいです。

■観戦の服装
11月のバレンシアは朝晩は10度以下まで冷え込みますが、昼間は日差しが夏のようで半袖になるくらい。FIM MiniGPを含め1週間滞在しましたが、毎日カラッと雲のない青空! ライダーにとっても観客にとっても有難い天候。私は朝晩はダウンを着て、中はTシャツ+ジャケットやパーカー。日本より日差しが強いのでサングラスは必須アイテムです。

■アクセス
・車
バレンシア空港から車であれば通常15分で行くことができるので海外からもアクセス良好! 私はレンタカーで移動。日曜日はサーキットへ向かう大渋滞が発生するのでかなり早めの移動が必要です。ここでとっても驚いたのが、サーキット渋滞の対策で反対車線の1車線を特別に使用していたこと。私達も反対車線を走ってサーキットへ。

交通誘導は白バイの警察官が行っていました。ちなみにスペインは四輪は欧州車&ハッチバックばかり。セダンは見た記憶がないし、ミニバンも日本車もたまにしか見かけませんでした。

・バイク
バイクでの来場者も非常に多く、ヨーロッパらしく95%以上がふたり乗り。日本車がかなり多くて嬉しかったな。見た感じは、BMW、Kawasaki、YAMAHA、Ducatiの順に多くて、種類で言うとツアラーが圧倒的に多かったです。排気量は600cc以上がほとんどで、それ以下はほぼ見かけず。意外なことにカスタム車は少なくて、マフラーも足回りもノーマルのまま乗ってる方が大半でした。

■ゲートでは荷物チェック?!
ゲート・駐車場はサーキット外周にいくつかあるのですが、ゲートではチケットの確認や人によって荷物チェックが行われます。

私はここで2回荷物チェックをされました(笑)。ドキドキしたけどリュックを開いただけで終了。チェック完了後には警備の方が「アリガトー」と言ってくれて、私は思わず笑顔になりました。スペインの方は「ありがとう」を知ってる方が多くて、滞在中はたくさんの「アリガトー」をもらいました。

アジア人が少ないからか、かなりの視線を感じます。とにかく目が合いまくるので、ニコッと口角を上げるようにしていました。そうすると向こうもニコッとしてくれたり、挨拶してくれます。笑顔大事!

■国を挙げての警備体制!
ゲートを見守るのは武装軍警察。かっこいい! 騎馬隊も場内を闊歩し、警察犬もパトロール。軍仕様バイクも走っていました!

■我らが中上貴晶選手は海外でも大人気!
偶然金曜日に発見したMotoGPライダー中上貴晶選手のプチトークショー&ファンタイム。こんなにたくさんの方が中上選手の元へ集まってました。皆さんのパワーがすご過ぎて、私は全く近付けません(笑)

■外周路を歩いてみました
せっかくなので外周路を歩いてみました。同じファストフード店と一部ライダーのグッズショップはチェーン店のようにいくつも点在。ややアップダウンはありますが、なだらかなので歩きやすいです。

勾配や、路面のバンク、ライダーの凄さ、やっぱり現地に来ないと分からないことがあり、それを見て感じられた時には感動があります! 最終コーナーは画面で見ていたよりずっと難しそうでした。

■お土産は早めに手に入れよう!
鉄則「金曜日に買うべし!」
MotoGPで楽しみのひとつなのはグッズ購入! 開催サーキットでしか手に入らないもの、セールでお得商品や、来年はチームが変わって販売出来なくなるアパレルもあります。人気商品はすぐ売り切れになってしまうので、落ち着いて選べる金曜に買うべし。私も早速お目当てをGETしました!

AMARILLAスタンド席の下にあるサーキット・リカルド・トルモのオフィシャルショップも必見! 間違いなくここでしか手に入らない商品です。キーホルダーやマグ、パスケースなど小物が充実しているのでお土産にもぴったり。

オフィシャルショップやマルク・マルケス選手のショップはかなり店舗数が多いので、売り切れと言われてもめげずに他の店舗を回ってみて下さい。アッサリ在庫があったりします。スタッフの方はすぐに見つからないと「無い」と言いがちなので、諦めずにもう一度行ってみたり、違うスタッ
フさんに聞いてみるといいかもしれません。

さて、すっかり長くなってしまいました。一緒にサーキット・リカルド・トルモを回ってるような気持ちで見てもらえたら嬉しいです!
次のリポートにスペインのMotoGPごはんや、ホスピタリティ、サービスロード、現地ファンのPICK UPなどを綴って参ります。

続きもお楽しみに!

--------------------

MC・レースアナウンサー
竹内さくら
Twitter:https://twitter.com/sakura_kisui
Instagram:https://instagram.com/sakura_joy_design

こんな記事も読まれています

大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
VAGUE
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
くるまのニュース
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
Auto Messe Web
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
@DIME
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
Webモーターマガジン
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
motorsport.com 日本版
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
Auto Prove
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
WEB CARTOP
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
くるまのニュース
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
motorsport.com 日本版
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
くるまのニュース
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
  • ext********
    私も昔バレンシアGPを見に行った事があります
    感想は・・圧倒されました(笑)
    車でサーキットに向かったのですが、記事にもある渋滞にハマりましたが、前の車から女性が降りてきて、何をするかと思ったらトランクからヘルメットを取り出して、走ってるバイクをヒッチハイクして後ろに乗って去って行きました(笑)
    サーキットに着くとすでに125ccクラスが始まっていて、急いでスタンドに行くと上の方でBBQしてるし!
    しかも生ハム一本丸ごと持ち込んでるし(笑)
    席を探してると後ろの方から『見えないから早く座れ!』と怒られました・・
    とにかくみんな熱狂的で、名物の爆竹はバンバン鳴らすし、レース中に目の前のコーナーで、推しとか関係なく誰かが誰かを抜いても歓声があがる。
    バレンシアの町にはmotoGPのポスターがいたる所に貼られ、バス停までmotoGP仕様になってました。
    日本とはあまりに違うレースを楽しむ姿に圧倒された良き思い出
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村