現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ついにGR86が全日本ジムカーナで初勝利! ハイスピードコースで「パワー」を見せつけた

ここから本文です

ついにGR86が全日本ジムカーナで初勝利! ハイスピードコースで「パワー」を見せつけた

掲載
ついにGR86が全日本ジムカーナで初勝利! ハイスピードコースで「パワー」を見せつけた

 この記事をまとめると

■全日本ジムカーナでGR86が初勝利した

「ハチロクはドライバーを育てるクルマ!」マンガか映画のセリフのような言葉の真相とは?

■パワーが重要視されるコースでは新型となった86は有利と言えそうだ

■山野哲也選手は自身22回目の全日本タイトルを獲得した

 GR86が全日本ジムカーナで初勝利

 全日本ジムカーナ選手権第6戦が7月23日~24日、岡山国際サーキットで開催。1600cc以上の二輪駆動のPN車両で争われるJG7クラスで、トヨタGR86を駆る西野洋平がシーズン優勝を獲得、ついにトヨタの新型FRスポーツが舗装のスピード競技で初優勝を獲得した。

 全日本ダートトライアル選手権では第2戦のスピードパーク恋の浦でトヨタGR86を駆る山崎利博が初優勝を獲得したほか、全日本ラリー選手権では2021年の実質的な最終戦として開催された久万高原ラリーでスバルBRZを駆る竹内源樹がデビューウインを獲得。さらにトヨタGR86としても第6戦のラリー・カムイで山本悠太がシーズン初優勝を獲得するなど、トヨタ/スバルの新型FRスポーツはBライ競技で比較的に早い段階から素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。

 しかし、その一方で全日本ジムカーナ選手権においてトヨタGR86/スバルBRZは苦戦を強いられ、表彰台こそ獲得するものの、未勝利の状態が続いていた。

 というのも、トヨタGR86およびスバルBRZの主戦場となるJG7クラスにはトヨタGR86/スバルBRZの新型FRスポーツのほか、スズキ・スイフト、ホンダ・シビックなどさまざまなマシンが参戦しているが、そのなかでアバルト124スパイダーを駆る若林隼人が躍進。開幕5連勝を達成するなどパイロコースやミニサーキットを問わず、ライバルを寄せ付けない速さを見せていた。

 2.4リッターの排気量は結果的に大きな武器となった

 しかし、岡山国際サーキットではGR86ユーザーたちが第1ヒートから好タイムを連発。その結果、前述のとおり、西野がシーズン初優勝を獲得したほか、奥井優介が3位、山口京之が4位、松本敏が5位、天満清が6位とトップ6に5台が食い込むなど、まさにトヨタGR86が猛威を発揮していたのだが、なぜ、トヨタの新型FRスポーツが大きな飛躍を遂げることができたのか?

 その最大の理由は、やはりトヨタGR86のエンジンパワーにあるだろう。第6戦の舞台となった岡山国際サーキットはシケインおよびショートカットを使用したコンパクトなレイアウトが採用されたほか、最終コーナーの立ち上がり後にはパイロンでスラロームやターンが設けられはしたものの、計3カ所で4速を使用するなど、シリーズ屈指のハイスピードラウンドとして開催されていた。当然、エンジンパワーが重要な1戦で、自然吸気とはいえ、2400ccのエンジンを搭載したトヨタGR86が1400cc+ターボのアバルト124スパイダーを凌駕していたのである。

「ここで勝たないとまずいでしょう」とGR86を武器に優勝した西野が語れば、アバルト124スパイダーを武器に2位に惜敗した若林は「240馬力のGR86に対して124スパイダーは170馬力です。岡山で70馬力の差を埋めるのは難しい」と語っている。

 加えてトヨタGR86ユーザーたちは序盤戦でセッティングに苦戦を強いられていたが、徐々にマシンが熟成したことも岡山ラウンドの勝因と言っていい。

 結局、開幕5連勝を果たした若林が2位に入賞したことにより、2戦を残して若林がJG7クラスのタイトルを獲得したが、西野の勝利によりGR86勢も一矢報いることに成功した。西野のほか、奥井、松本、天満などトヨタGR86ユーザーたちは抜群の速さを持つだけに、今後も新型FRスポーツの全日本ジムカーナ選手権での活躍に注目したい。

 なお、ルノー・アルピーヌA110Sやポルシェ911GT3Rなどのスーパーカーの参戦で注目を集める2ペダル車両クラス、JG10クラスではアルピーヌA110Sを駆る山野哲也が今季5勝目を獲得。こちらも2戦を残してJG10クラスのチャンピオンに輝き、自身22回目の全日本タイトルを獲得している。

関連タグ

こんな記事も読まれています

さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
ベストカーWeb
マツダ3&ロードスターによる過酷な挑戦! MAZDA SPIRIT RACINGの富士24時間レース【動画】
マツダ3&ロードスターによる過酷な挑戦! MAZDA SPIRIT RACINGの富士24時間レース【動画】
WEB CARTOP
今のF1は“天国から地獄”。フェラーリ代表が語る新常識「週末ごとにグリッドは変わる」前戦カナダでチームは突如失速
今のF1は“天国から地獄”。フェラーリ代表が語る新常識「週末ごとにグリッドは変わる」前戦カナダでチームは突如失速
motorsport.com 日本版
NEXCO中日本が新東名で自動運転専用レーン実験施設を初公開! 自動運転の路車間通信でも画期的な試みを開始
NEXCO中日本が新東名で自動運転専用レーン実験施設を初公開! 自動運転の路車間通信でも画期的な試みを開始
LE VOLANT CARSMEET WEB
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
くるまのニュース
レッドブル、FP2での失速はセットアップ変更が原因? フェルスタッペン「期待通りの普通の1日だった」
レッドブル、FP2での失速はセットアップ変更が原因? フェルスタッペン「期待通りの普通の1日だった」
motorsport.com 日本版
ボンネットをずっと閉めてたのに開けたらうわっ……密閉されているようにみえるエンジンルームがもの凄く汚れるワケ
ボンネットをずっと閉めてたのに開けたらうわっ……密閉されているようにみえるエンジンルームがもの凄く汚れるワケ
WEB CARTOP
7/23申込締切【内燃機関の可能性】欧州議会選挙の影響とポストCN時代の自動車の新しい競争軸
7/23申込締切【内燃機関の可能性】欧州議会選挙の影響とポストCN時代の自動車の新しい競争軸
レスポンス
300馬力のトヨタ「和製スーパーカー」が凄い! 「ミッドシップ×オープンカー」の山盛り仕様! ハイブリッドも搭載した「斬新スポーツモデル」に期待大!
300馬力のトヨタ「和製スーパーカー」が凄い! 「ミッドシップ×オープンカー」の山盛り仕様! ハイブリッドも搭載した「斬新スポーツモデル」に期待大!
くるまのニュース
[15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
[15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
レスポンス
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
AUTOSPORT web
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
くるまのニュース
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
バイクのニュース
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
レスポンス
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
モーサイ
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
モーサイ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
ケータハム スーパーセブン 600 & 2000を、2024年6月21日より日本発売開始。'70 & '80年代の人気モデルを現代風にアレンジ
Webモーターマガジン
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
ダニエル・リカルド「ユウキはとても良い、挑戦しがいのある走りをしている」フィードバックも合致し今では名コンビ?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9798.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村