サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが船舶用の燃料電池システムを開発、再生可能エネルギーでの世界一周航海をサポート!

ここから本文です

トヨタが船舶用の燃料電池システムを開発、再生可能エネルギーでの世界一周航海をサポート!

「MIRAI」の部品を活用したシステムをフランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載

トヨタと、トヨタの欧州事業を統括するトヨタ・モーター・ヨーロッパ(TME)は、燃料電池(FC)技術を初めて船舶向けに応用。再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」向けのFCシステムを開発した。

「タミヤ・トヨタ ヤリスWRCミニ四駆」をプレゼント

TMEは、「トヨタ環境チャレンジ2050」でトヨタが目指す「人とクルマと自然とが共生する社会」の考え方にエナジー・オブザーバー号が目指すものが一致していると考え、航海開始時からオフィシャル・パートナーとして支援している。航海での実証を通じ、化石燃料の再生可能エネルギーへの置き換えの可能性を検討するとともに、将来の再生可能エネルギーを効率的、かつ大規模に利用するソリューションを探求している。

船舶へのトヨタのFC技術応用に向けては、TMEとエナジー・オブザーバー号のチームメンバーが緊密に連携。TMEテクニカルセンターは、燃料電池自動車「MIRAI」の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトなFCシステムを開発。今回、エナジー・オブザーバー号に搭載した。その結果、従来型と比較して高出力、高効率、高信頼性を実現しているという。

TMEは、船舶用FCシステムの再設計から部品の製作、コンパクトなFCシステムの開発、船への搭載までをわずか7カ月で実施。これは、トヨタのFC技術がさまざまな用途に対応できる高い汎用性を示すものでもある。

エナジー・オブザーバー号は、太陽光や風力といった再生可能エネルギーや海水から生成した水素を用いた燃料電池を動力とする世界初の自立エネルギー型燃料電池船。2017年6月に母港であるフランス北部のサン・マロ港を出発し、6年かけて50カ国、101の港に立ち寄りながら世界一周航海に挑戦している。昨年末には、停泊中にトヨタのFCシステムの搭載試験を実施。現在、2020年ツアーの出航を控え、海上で最終試験が行なわれている。このFCシステムを搭載したエナジー・オブザーバー号は、2020年2月にサン・マロ港を出港し、大西洋と太平洋を横断する予定だ。

トヨタのFCシステムは、走行中にCO2を一切排出しないゼロ・エミッション車のMIRAIで長年その利点を実証。近年ではバスやトラックなどにも応用しているが、船舶へのFC利用は水素社会の実現に向けたさらなる一歩となる。

エナジー・オブザーバー号の概要

・船体長さ:31.0m
・幅:13.0m
・重量:34トン
・全高:12.85m
・喫水:2.2m
・定員:8名(遠洋航海時)
・運行速度:4.5ノット(電気)、8.0ノット(推進翼)




おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します