サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】トヨタ iQのEV、のちの限定車「eQ」に見たプレミアムコンパクトの理想形【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】トヨタ iQのEV、のちの限定車「eQ」に見たプレミアムコンパクトの理想形【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、電気自動車となったトヨタ iQ EV(プロトタイプ)だ。

トヨタ iQ EV(2010年:プロトタイプ)
今年(編集部註:2010年)のロサンゼルス モーターショーでRAV4をベースにしたEVをお披露目すると公言していたトヨタが、そのプレス発表日とほぼ同じタイミングで、もう1台のプロトタイプEVの試乗会を行った。市販が前提で、2012年には北米市場に加え、日本と欧州市場にも導入して、年間規模で数千台を目標に販売を開始するという。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

おそらくはトヨタの本格的市販EV第1号となる、このiQベースのEV(正式名称は明らかにされていないので、とりあえずiQ EVと呼んでおこう)の完成度は、現状でも十分に市販モデルとして通用するレベルに達していた。ほんのわずかな試乗時間ではあったが、「早く街中で乗り回してみたい」と、素直に思った。

試乗車の見た目は、実にそっけないほど、iQそのもの。よく見ればフロントグリル左に充電ポートが設定されていたり、リアバンパーの下にテールパイプがなかったりするが、パッと見では違いはわかりにくい。

ドライバーズシートに座っても、目の前の風景は見慣れたiQそのもの。イグニッションを捻ると、メーターパネルの隅にある小さな「Ready」のランプが点灯して、初めて「EVだった」と思わせてくれる。エンジン車とはもう少し差別化が欲しいところだが、プロトタイプだから仕方ないところか。

ベースのボディとEVの相性は、とても良さそうだ
だが走り出してみると、そこにはiQをベースにしたEVならではのさまざまな「旨味」が隠されていることがわかる。もともとiQは、超ショートホイールベースとワイドボディを組み合わせた、ユニークなレイアウトが特徴のひとつ。そのハンドリングは、時にコマネズミのようなキビキビ感を感じさせながらも、速度域の高いコーナリングでは見た目に似合わない落ち着き感を兼ね備えている。

今回のような狭い試乗コースでは、さすがに高速コーナリングを試すことはできないが、ゼロ発進からウルトラスムーズなモーターのトルク特性とiQならではのキビキビしたハンドリングのマッチングは絶妙だ。車両重量そのものはベース車に比べ約100kg重くなっているということだが、重量配分的には逆に理想とされる50:50により近くなっている。

ボンネットに収められたモーターはベース車のガソリンエンジンよりも軽量なので、ノーズの軽さがより自然な動きを生み出しているように思える。前席から後席足もとに配置されたリチウムイオン二次電池の存在も、低重心化にかなり効いている。テストコースは路面が滑らかなだったので、とにかく安定感抜群だ。

アクセルに対してリニアに立ち上がるモーターのフィーリングは、スムーズであることはもちろん、適度な伸びやかさを感じさせるところも魅力。振動もノイズもなく、力感を伴いながら加速していく。ブレーキングもエネルギー回生による不自然さは感じられず、リニアなタッチでスピードをコントロールすることができる。

あらゆる意味で、ベースモデルよりかなり格上のクルマに乗っている気分が味わえるiQ EV。次回は公道でジックリと試乗してみたいものだ。
(編集部註:iQ EVは「eQ」という名称で2012年に限定発売されました)

■トヨタ iQ EV 主要諸元
●全長×全幅×全高:2985×1680×1500mm
●モーター最大出力:47kW
●駆動方式:FWD
●最高速度:125km/h
●リチウムイオン二次電池容量:約11kW
●充電時間
 急速充電:約15分で80%
 200V:約4時間
 100V:約10時間

[ アルバム : トヨタ iQ EV はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します