サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 究極を目指したフェラーリF12の限定車

ここから本文です
フェラーリは13日、世界限定799台のリミテッドエディション「F12tdf」を披露した。このモデルは伝説の耐久レース“Tour de France”にオマージュを捧げ開発されたもの。

このレースは、1日に何百キロもの距離を走行することから、勝つためには高性能でかつ運転のしやすさが求められたという。フェラーリは50年代から60年代にこのレースで活躍し、なかでも1956年に登場した250GTベルリネッタは4連勝を果たしている。そうした背景からF12tdfも、サーキットでも公道でも走りやすい“究極のロードカー”が追求されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ