サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 究極を目指したフェラーリF12の限定車

ここから本文です

究極を目指したフェラーリF12の限定車

フェラーリは13日、世界限定799台のリミテッドエディション「F12tdf」を披露した。このモデルは伝説の耐久レース“Tour de France”にオマージュを捧げ開発されたもの。

このレースは、1日に何百キロもの距離を走行することから、勝つためには高性能でかつ運転のしやすさが求められたという。フェラーリは50年代から60年代にこのレースで活躍し、なかでも1956年に登場した250GTベルリネッタは4連勝を果たしている。そうした背景からF12tdfも、サーキットでも公道でも走りやすい“究極のロードカー”が追求されている。

エンジンは自然吸気V12を搭載、最高出力はベース車F12ベルリネッタの740hpから780hpまで高められている。このパワーアップに伴い、シャシーはフロントタイヤを275/35ZR20から315/35ZR20サイズへとワイド化し、さらにオーバーステアを防ぐために“バーチャル・ショートホイールベース・ベース・システム”を採用する。これは車速や蛇角、操舵スピードなどから最低値を演算し、後輪を操舵するシステム。他のビークルダイナミックコントロールシステムと連動し、高速域においても車両の安定化を図る。

さらにF12tdfは車体やパワートレイン、内装パーツなどから重量を削り取れる部分を煮詰め、さらに部品をカーボンファイバーパーツに置換することで合計110kgの軽量化を達成している。

その結果、0-100km/加速は2.9秒、0-200km/h加速は7.9秒、最高速度は340km/hを超えるとのこと。フィオラノのテストコースを1分21秒でラップするという。このタイムは、ベース車のF12ベルリネッタより2秒速い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します