サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EV関連部品や部材の増産投資が加速、巧拙が問われる日本企業の脱炭素戦略

ここから本文です
最近、自動車業界界隈でよく聞かれるワードに「CASE」がある。Connected(コネクティッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字を取った略称であり、この技術・取り組みが、自動車業界に100年に1度の大変革をもたらすといわれている。

この内、日本、欧米、中国などで脱炭素の取り組みを前倒しで進める動きが強まり、電気自動車(EV)へのシフトが急速に進み始めた。国内の電子部品や素材企業は『EV関連』を成長部門と位置付け、『EV関連』部品や部材の増産投資を加速している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ