サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニのフラッグシップとなるV12エンジン進化の系譜

ここから本文です

1963年にフェルッチオ・ランボルギーニは完璧なスポーツカーを作るために、自ら会社を設立した。同年発表されたランボルギーニ350GTに搭載されたのは、ジオット・ビッザリーニの下で開発されたバンク角60度のDHC、V12気筒3.5Lのエンジンで、最高出力は320hpだった。このエンジンは、「牛がクルマを引く」というコンセプトに基づいた当時の一般的なレイアウトで、ゆったりとしたフロントに収められた。

350GT

大型SUVと軽ワゴン、夏日の車内温度が上昇しやすいのはどっち?

当時も今も、加速や、加速時に体がシートに押し付けられる感覚はスーパースポーツカーの最高の魅力だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ