サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型フェアレディZ登場直前記念謎解き企画 「Z」はカルロス・ゴーンがいなければ消えていたか?

ここから本文です
 今から四半世紀ほど前の1990年代後半、倒産の一歩手前という状況にまで陥っていた、日産自動車。1999年にルノーの傘下に入ることになり、どうにか倒産を免れ、その経営を立て直すためにルノーから派遣されたのが、ご存じ、カルロス・ゴーン氏だ。

 当時、ルノー副社長だったゴーン氏の指揮のもと、車種の統廃合、大規模リストラ、村山工場の閉鎖など、過剰だったコスト体制をスリム化する「ニッサン・リバイバル・プラン」を実行。その結果、日産は見事なV字回復を遂げることができ、2002年、その復活を象徴するように「Z33型フェアレディZ」が登場する。

おすすめのニュース

サイトトップへ