サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 前年比69%増! FCAジャパンが7カ月連続で販売台数記録を更新

ここから本文です

前年比69%増! FCAジャパンが7カ月連続で販売台数記録を更新

 限定モデルや新グレードの投入も好調の後押しに

 ジープ、フィアット、アバルト、アルファロメオの国内販売を手掛けるFCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、4ブランドを合わせた4月の販売台数が1743台を数えて前年同月比では69%の増加となり、好調とされる輸入車全体の伸び(49%)を大きく上まわって輸入車市場でのシェアも10%を超えて10.6%に達した、と発表しました。

オンライン投票でボディカラーを決定! Jeep誕生80周年記念限定車がついに発売

 ブランドごとに見てみると、ジープとフィアットが、ともに過去最高販売記録を更新。アバルトとアルファロメオも堅調を維持していて、FCAジャパンとしても過去最高を記録。昨年10月からの月別最高記録の更新を7カ月連続まで伸ばすことになっています。

 好調さが続く理由をブランドごとに分析すると、先ずジープでは「レネゲード80周年特別限定車」が販売を押し上げているようです。

 フィアットでは安定した人気を持つ500シリーズに、これまであった限定車「500 / 500C Eleganza」に加え、新たな限定車「Panda Cross 4X4」が導入されたことが、好調さを後押しすることに繋がったようです。

 またアバルトでは、「Make Your Scorpion」プログラムが導入され、新色マットブルーが595シリーズに期間限定で設定されたことで、昨年より1.5倍多い来店数を呼び込むことになっています。またアルファロメオは、昨年導入した新グレードが引き続き好調で、昨年と比較して2.2倍の大幅な販売増を記録することになりました。

 4月の好業績についてFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役社長兼CEOは、「今年は単月で2度も10%を超える市場シェアを獲得してきましたが、4月はそれを上まわる結果で、今年最高でした。全ブランドにおいて市場を大きく上まわる伸びを記録し、第2四半期をこのような素晴らしい形でスタートできたことを嬉しく思います。この勢いが止まる理由は見当たりませんので、5月にも期待しています」とコメントしています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します