現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘

ここから本文です

F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘

掲載
F1チームは技術規則の抜け穴を利用。接近戦や追い抜きの減少、タイヤのデグラデーション問題に繋がったとFIAが指摘

 FIAのシングルシーター部門担当ディレクターのニコラス・トンバジズは、F1チームがテクニカルレギュレーションの抜け穴を利用したことで、今シーズンのコース上でのショーに悪影響が及んだと認めている。

 2022年に大幅に刷新されたF1のテクニカルレギュレーションでは、グラウンドエフェクトのコンセプトが再導入されたため、マシンのダウンフォースは主にアンダーボディとフロアから生じることになった。このアプローチは、発生する乱気流を大幅に減らすことで、後続車が追いかけやすくなるという目標を果たすのに大きく貢献し、オーバーテイクのチャンスを向上させた。

F1委員会、スプリント制の変更、ドライバー冷却システム導入に合意。2026年型マシンの開発は2024年末まで禁止

 しかし空力開発により徐々にマシンのアウトウォッシュや、フロントウイングのトレーリングエッジからの空気量が増加し、それが外側へ向かってマシンのリヤの空気の渦に直接の影響を及ぼしている。結果として、ドライバーたちは接近して追尾することに苦戦しており、必然的にオーバーテイクの機会は減少している。

「接近して追いかけること、気流と言っておくが、間違いなく今年は少々ひどくなった」とニコラス・トンバジスが語ったと『Speedcafe』が報じた。

「開発が少し行われると、多少悪化するだろうとはわかっていた。我々がすぐに閉じることができなかった抜け穴が、マシンの特定の領域に存在した。たとえば、フロントエンドのエンドプレートエリアやホイールファニチャーの一部、ブレーキダクトやフロントホイールの内側にある物は、気流を少々悪化させた」

「我々は学んだので次回はもう少し対応できると思うが、全体的に気流は2022年に比べて悪化した。2021年に比べれば妥当な量ではあるが、近づくという点では悪くなっている」

 トンバジスは、チームが抜け穴を利用したことが乱気流を増加させ、今シーズンにタイヤのデグラデーションの問題を広げた要因だったと述べている。デグラデーションは、2023年には慢性化しており、シーズン前半におけるフェラーリの苦戦の主要な原因として指摘されている。

 マシンが生み出す気流は、基本的には動きの遅い空気であり、後続車のダウンフォースを減らすだけでなく、冷却も妨げるとトンバジスはいう。この組み合わせによって、後続車はグリップが減り、タイヤがオーバーヒートしやすくなるため、接近して前方のクルマを追尾するのがさらに難しくなる。F1の次のレギュレーションサイクルが導入される2026年より前に、F1とFIAが介入する計画はないが、トンバジスは、気流の効果が近い将来悪化することはないだろうと確信している。つまりマシン同士が接近して追尾する能力が大きく落ちることはないはずだという。

「来年さらに大きく悪化するとは考えていない。フロントウイングやその他のところで、他に対処すべき抜け穴があるとは考えていない」

「非常に似た状態が続くと予想している」

関連タグ

こんな記事も読まれています

世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
くるまのニュース
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
motorsport.com 日本版
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
motorsport.com 日本版
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
レスポンス
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
Webモーターマガジン
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
Auto Messe Web
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
WEB CARTOP
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
driver@web
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
Webモーターマガジン
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
motorsport.com 日本版
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
WEB CARTOP
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
レスポンス
DAZNの人気F1番組にレギュラー出演できる! 『WEDNESDAY F1 TIME』PRアンバサダーオーディション開催。エントリーは4/29まで
DAZNの人気F1番組にレギュラー出演できる! 『WEDNESDAY F1 TIME』PRアンバサダーオーディション開催。エントリーは4/29まで
motorsport.com 日本版
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
WEB CARTOP
次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
WEBヤングマシン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村