サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 《便利編》“使い勝手の良さ”ってこう言うこと! アドレス125の『コスパ』だけじゃない魅力って?【個人的スズキ最強説/アドレス125 その(4)】

ここから本文です

《便利編》“使い勝手の良さ”ってこう言うこと! アドレス125の『コスパ』だけじゃない魅力って?【個人的スズキ最強説/アドレス125 その(4)】

少し前までアドレスV50(2017年モデル)のオーナーだった編集部イワセが、兄弟モデルとなるアドレス125の“利便性”を個人的に徹底検証。アドレス125が人気なのは“コスパに優れているから”だけじゃなく、日常的に使いやすい“7つの利便性”がみえてきました!

文:岩瀬孝昌(編集部)写真:岩瀬孝昌、西野鉄兵(編集部)パッセンジャー:加藤みゆ

ライダーが考えた簡単すぎる「マスク」の作り方

【コスパ編、街乗り編、解説編からの続きです!】**

原付二種ならではの“ちょいタンデム”が便利!
リニューアルされたアドレス125の車格が少し大きくなったことで、より快適になったことがあります。

そうです、幅広シートになったおかげでタンデム(二人乗り)がしやすくなったんです。

「オレ、あんまりタンデムしないからなぁ…」と思う方も多いかもしれません。

バイクの後ろに人を乗せていると、全体の車重がどうしても重くなるし、自由に身体を動かしにくいですから、ボクも基本的にはタンデムツーリングはあまり好きではありません(笑)。

できるなら、2人ともバイクで走った方が楽しいですからね。

でも、都市部に住んでいるボクは、例えばパッセンジャーを駅や家まで送ったり、仕事終わりにバイクで迎えに行ったりという、いわゆる“ちょいタンデム”は結構するんです。

遠くまでタンデムツーリングへ行かないまでも「ちょっとそこまで」っていう使い方ですね。

そんな時、大きく優雅になったアドレス125の快適シートがとても便利だったんですよ!

シートの長さはロング&ワイドな656mmになりました。

数値だけでは分かりにくいので、イメージしやすいようにパッセンジャーにだけタンデムシートに跨ってもらいました。

パッセンジャーがリアシートに座っても、ライダーが跨るスペースがこれだけあります。

原付二種クラスのスクーターでタンデムすると、ライダーとパッセンジャーはピッタリくっついてしまうほどのスペースしかない場合が多いですよね?

でも、シートが幅広になったアドレス125はスペースにすごくゆとりがあります。

これがアドレス125のタンデムのしやすさになっています。

もうひとつの理由は、リアキャリアがグラブバーにもなっているので、パッセンジャーも安定して車体を支えることが出来ます。



スズキファンのためのWEBサイト!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します