サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超名門スカイラインは令和の今も名車である! …のだが……生き残る道を提案したい!!

ここから本文です

超名門スカイラインは令和の今も名車である! …のだが……生き残る道を提案したい!!

 現行型であるV37スカイラインが登場したのは、2013年11月のこと。すでに9年目に突入した古いモデルだ。スカイラインのみならず、日産のFRセダンは軒並みモデルが古く、フラグシップのシーマは9年目(2012年デビュー)、フーガも12年目(2009年デビュー)にもなるが、どれもモデル更新の話は聞こえてこない。

 そんななか、2021年6月、「日産がFR車の開発を中止する」という報道が飛び交った。SNS上などでは大きな反響が集まり、筆者としても「とうとうこの時が来たか…」と残念に思っていたが、報道の2日後に、日産の星野朝子副社長は、「日産自動車は決してスカイラインを諦めません」と否定。

1980年生まれ、「松坂世代」の魅力的なクルマたちを追う!

 しかしSNS上では、「(諦めないとはいっても)セダンで継続するとはいっていない」「次期型をつくるとはいっていない」など、スカイラインの行く末を案じる投稿が寄せられていた。

 これほど熱いファンの多いスカイライン。次期型があるとするならば、どんな姿になるのか、考えてみよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、ベストカー編集部

[gallink]

「スポーツセダン」として登場するかは怪しい

 2021年のスカイラインの国内販売台数は2,739台。ライバルたちの販売台数をみても、レクサスISが約1万台、レクサスLSは約4000台というレベルなので、もちろんこれらよりずっと少ない数ではあるが、9年目のモデルとしては、売れているほうであろう。

 現行型のスカイラインといえば、405psのV6ツインターボを積んだスカイライン400Rに注目が集まりがちだが、ハンドリング性能、乗り心地、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)が超優秀でプロパイロット2.0も備わる3.5Lハイブリッドモデルはもちろん、動力性能とシャシーのバランスが良くできていてスカイラインの魅力を存分に味わうことができるベースモデルも魅力的。とくにベースモデルの走りは楽しいと、筆者は思っている。

 だが、スカイラインが次期型でも、この手の「スポーツセダン」として登場できるかどうかは怪しい。日産はいま、キックスやノートなどのガソリンモデルの需要が多く見込めるコンパクトモデルにも、ガソリンモデルを用意せず、徹底してe-POWERのみのラインアップとし、電動車メーカーとしてのイメージを確立しようとしている真っ最中。

 もし、スカイラインが次期型でも、現行のように大排気量のスポーツセダンとして登場するならば、クリーンなイメージ確立を邪魔する「謀反者」となってしまうからだ。次期型スカイラインでは、少なくとも、プラグインハイブリッド化や、バッテリーEV化などへの変更が求められる。

400Rのレスポンスも良いが、ベースモデルの方が、ハンドリング、乗り心地、NVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)、動力のバランスが、程よく取れており、「ベスト・V37スカイライン」といえる

打つ手は一つ、「スカイラインGT-R」の復活だ

 しかし、次期型で電動化されたとしても、スカイラインの未来は明るくない。スカイラインが不人気ということではなく、セダンタイプのクルマが「高くて手が出にくい特殊なクルマ」となってしまったことが原因だ。

 特に日本では、ミニバンやコンパクトカー、SUVなどの、ユーティリティに優れたクルマが好まれる。数少ないセダンの需要に対しては、垣根が大きく下がったドイツ御三家や、レクサスといった強力なライバルと戦わなければならない。

 そんななか、スカイラインが生き残ることができる手段は、もはやひとつ。それは第3世代R35型GT-Rの流れを継ぐ第4世代GT-Rとして、「スカイラインGT-R」を復活させることだ。

 新生「スカイラインGT-R」として、スペシャルスポーツカーの立ち位置に戻れば、ブランドのフラッグシップカーとして、ある意味、その存在自体が「無敵」となる。

 2021年9月、R35型GT-Rは2022年モデルと同時に、R33スカイラインGT-Rのボディカラーであったミッドナイトパープルで塗装した特別仕様車「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」と、「NISSAN GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」を発表した。

 限定販売であったため、応募が殺到して抽選販売となり、多くの人が逃したようだが、筆者は、こうした日産の行動は、「スカイラインGT-R復活」のメッセージではないかと思っている。

R33スカイラインGT-R時代のミッドナイトパープルを再現したGT-R T-spec。他にも、R34GT-R Nur(ニュル)のイメージカラーだったミレニアムジェイドも復刻させている

電動AWDとなった、スカイラインGT-Rが最善のシナリオ

 スカイライン存続のための最善のシナリオは、アリアの電動AWDシステム「e-4orce」を改良して搭載した「電動AWDのスカイラインGT-R」となって登場することだと筆者は考える。

 前後に高出力モーターを1基ずつ搭載した4WDシステムである「e-4orce」は、駆動用モーターの強烈なトルクを、4輪へ適切に配分する。前後輪のトルク配分を制御できるので、例えば、後輪側へのトルク配分を増やし、疑似的に後輪駆動車のような特性にもできる。

 ハイパワーFR車の豪快なパワースライドのようなドリフト走行だって可能なはずだ。もちろん、V37に搭載されたDAS(ステアバイワイヤ)なんて比じゃないほどの、「バキバキ」のハンドリングだってできると思われる。お客さまに感動を与えることができる新世代スカイラインGT-R。十分あり得る路線ではないだろうか。

 筆者の予想通りになるかはわからないが、スカイラインがSUVになる、なんて安直なことは日産はやってこないと信じている。「技術の日産」のイメージリーダーとしてふさわしい次期型スカイラインの登場を期待している。

スカイラインGT-R」は海外でも知名度バツグンだ。ぜひとも、スカイラインGT-Rブランド復活を望みたい!!

[gallink]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します