サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ストロールとシロトキン、ウイリアムズF1の現状に関するマッサの意見に反論

ここから本文です

 ウイリアムズF1の低迷は、チームがスポンサー収入を最優先した結果だという最近のフェリペ・マッサのコメントに、ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンが反論している。

 ウイリアムズは今年、ストロールとセルゲイ・シロトキンという、チームの歴史上最も経験の浅いラインアップを擁している。

今季ノーポイントのウイリアムズF1。ドライバーの走りには「満足している」とチーム首脳

 マッサはその決断が、今シーズンこれまでのチームの不調に直接影響を及ぼしていると考えているが、19歳のストロールは、元チームメイトであるマッサの意見は間違っていると主張する。

「彼が何を言おうとしているのか分からない。まず、フェリペはチームにいない。彼は去った。

おすすめのニュース

サイトトップへ