現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】マルケス「ホンダよりも肉体的に楽」ドゥカティマシン初ライドの所感が明らかに

ここから本文です

【MotoGP】マルケス「ホンダよりも肉体的に楽」ドゥカティマシン初ライドの所感が明らかに

掲載 2
【MotoGP】マルケス「ホンダよりも肉体的に楽」ドゥカティマシン初ライドの所感が明らかに

 バレンシアGP終了後に行なわれたMotoGPのポストシーズンテストでドゥカティのMotoGPマシンに初めて乗ったマルク・マルケスだが、ホンダ・RC213Vよりもフィジカル面への要求が少ないと感じられているようだ。

 2023年シーズン限りでホンダを離れ、ドゥカティ陣営のグレシーニへと移籍する事になったマルケスは、シーズン終了直後のポストシーズンテストで、ホンダの許可を得てドゥカティのマシンを走らせることができた。

■ホンダ離脱のマルク・マルケス、サンクスデー参加し11年の感謝伝える「ありがとう。ホンダはずっと僕の心に残り続ける」

 非常に注目を集めたこのテストで、マルケスはドゥカティ陣営で2番目のタイムをマーク。テスト全体でも4番手タイムといきなり速さを見せたことで、大いに周囲を驚かせた。

 マルケスのドゥカティ初ライディング後にピットで見せた笑顔やタイムから、乗り換えは順調に進んでいることを伺わせた。ただホンダとの契約が残っているため、マルケスやチームはマシンについてコメントすることができないため、デスモセディチGPに乗った後に、チーム内で実際にどんなコメントを残したかは分かっていなかった。

 しかし先日、SNSにマルケスがピット内でクルーチーフのフランキー・カルチェディに対しドゥカティのMotoGPマシンの特徴について感じたことを話している映像が投稿され、マルケスの所感をうかがい知ることが可能となった。

 そのビデオによると、マルケスはホンダ・RC213Vと比較してドゥカティ・デスモセディチGPはフィジカル面での要求が少なく、より機敏に曲がっていけると感じているようだった。

「リヤのグリップがかなりある。フィジカル面では、ドゥカティはホンダよりもかなり要求が少ないよ。そのおかげで方向転換がより簡単なんだ。ターン9と10、ターン12と13の間でそれを深く実感した」

 またマシンの特性については、ブレーキングからのターンインでフロントエンドを信頼して思い切って飛び込んでいける自信を、まだ持てていないとも語った。

「ストレートではアグレッシブにブレーキをかけられないんだ。リヤが持ち上がって、バイクが不安定になり始めてしまう。コーナーに入っているときは、これまでのバイクよりも、より自信を感じられる。ただフロントをいつ失ってしまうかが分からなくて、まだ自信は十分じゃない」

「それからこのバイクは“オーバードライブ”させてはいけない。もしそうしたら、フロントが動いて投げ出されてしまう。その前に”待て”が必要なんだ」

 マルケスはこのテスト後、右腕の腕上がりの症状緩和のための手術を受け、12月3日には日本のモビリティリゾートもてぎで行なわれたホンダ・レーシング・サンクスデー2023に参加。11年間を過ごしたホンダと日本のファンの前で、別れの挨拶を行なった。

関連タグ

こんな記事も読まれています

リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
352台のランボルギーニがパレード!ブランドを讃える祭典「Lamborghini Arena」をイモラ・サーキットで開催
@DIME
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
ホンダ「S660」とスズキ「カプチーノ」が本気バトル!「東北660ターボGP」はチューニング好きにはピッタリのレースです
Auto Messe Web
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
日産フェアディZ(昭和44/1969年11月発売・S30型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト054】
Webモーターマガジン
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
WEBヤングマシン
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
SEALから廃タイヤチューブ再利用のスニーカー登場…価格は2万4200円
レスポンス
クルマの「騒音騒音」って騒ぎすぎじゃない? 電動車の「車両接近通報装置」を見れば音もまた安全要素のひとつ!
クルマの「騒音騒音」って騒ぎすぎじゃない? 電動車の「車両接近通報装置」を見れば音もまた安全要素のひとつ!
WEB CARTOP
ロングビーチ市街地で『クラッシュしたのにポール獲得』の珍事。素早いコース復帰には“伏線”も/IMSA
ロングビーチ市街地で『クラッシュしたのにポール獲得』の珍事。素早いコース復帰には“伏線”も/IMSA
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、止める者なし。F1中国GP決勝も圧勝! 角田裕毅らRBは“もらい事故”で2台リタイアの悪夢
フェルスタッペン、止める者なし。F1中国GP決勝も圧勝! 角田裕毅らRBは“もらい事故”で2台リタイアの悪夢
motorsport.com 日本版
オークションに出た瞬間札束の殴り合い! 旧車乗りがつねに困窮している「交換パーツ」の実状
オークションに出た瞬間札束の殴り合い! 旧車乗りがつねに困窮している「交換パーツ」の実状
WEB CARTOP
スズキの新型「すごい軽SUV」実車公開へ! めちゃ“ゴツイ”装甲車!? アンダー250万円で買える「ブラーバ“イオ”」とは
スズキの新型「すごい軽SUV」実車公開へ! めちゃ“ゴツイ”装甲車!? アンダー250万円で買える「ブラーバ“イオ”」とは
くるまのニュース
進化したマツダ「ロードスター」山道での印象は? “一体感と走る楽しさ”はバイクに匹敵! 新型は“究極のロードスター”なのか?
進化したマツダ「ロードスター」山道での印象は? “一体感と走る楽しさ”はバイクに匹敵! 新型は“究極のロードスター”なのか?
VAGUE
【試乗】レクサスLMのリヤシートの至れり尽くせり感がヤバいぞ! しかも運転して楽しいって「買えさえすれば」死角なし
【試乗】レクサスLMのリヤシートの至れり尽くせり感がヤバいぞ! しかも運転して楽しいって「買えさえすれば」死角なし
WEB CARTOP
山田太一の傑作小説が再びスクリーンに。アンドリュー・ヘイ監督最新作『異人たち』
山田太一の傑作小説が再びスクリーンに。アンドリュー・ヘイ監督最新作『異人たち』
バイクのニュース
スバル、次世代アイサイトにAIを利用。AMD製半導体チップを採用して演算処理性能をアップ
スバル、次世代アイサイトにAIを利用。AMD製半導体チップを採用して演算処理性能をアップ
driver@web
【スクープ】トヨタ「MR2」新型の最終デザインが見えた! 電動化されないトヨタ最後のスポーツカーになるか!?
【スクープ】トヨタ「MR2」新型の最終デザインが見えた! 電動化されないトヨタ最後のスポーツカーになるか!?
LE VOLANT CARSMEET WEB
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
motorsport.com 日本版
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • s15********
    逆にマリーニはホンダはブレーキングで深く飛び込める、と。色々と面白いですね。
  • yuz********
    やっぱりトラクションの掛かりが良いのね
    そんでもってストレートでの伸びも良い
    という事はブレーキングで突っ込んで無理しなくて済むから
    そりゃ体も楽になるわな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村