サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [YAMAHA] ヤマハセローへの、開発者たちの想いを聞けるムービーが公開中![SEROW]

ここから本文です

[YAMAHA] ヤマハセローへの、開発者たちの想いを聞けるムービーが公開中![SEROW]

先日、2020年1月15日発売の「YAMAHA SEROW250 FINAL EDITION」が発表されましたが、35年の歴史をもつセローシリーズの開発にたずさわったヤマハスタッフたちの、コメントを集めたムービーが公開されています。それにしても・・・セローは本当に「終わって」しまうのでしょうか?
(※webサイト ロレンスより)

35年続いたロングセラー
オンロードモデルもオフロードモデルも、ハイパフォーマンスなモデルに注目が集まりがちだった1980年代半ば・・・。そんな時代にヤマハセローは誕生しました。

原付二種の新たな冒険バイクHonda「CT125」を徹底紹介!

ある意味セローは通好みの地味なモデルでしたが、段々とセローの良さは広い層のユーザーたちに理解されるようになり、セローシリーズはロングセラーとなりました。2005年には排気量を250ccへアップ。2008年にはフューエルインジェクションを採用するなど、時代の要請に応じてセローは進化していきましたが、オリジナルのコンセプトは歴代モデルに受け継がれてきました。

こちらの動画は、歴代セローシリーズにかかわったヤマハスタッフたちが、当時のエピソードを交えながらセローシリーズについて語る内容になっています。ぜひご覧になってください。



ところで・・・1985年からの歴史に幕、は降りるのでしょうか?
2020年1月発売の"ファイナルエディション"が、セロー最終モデルになるようです。

しかし、2019年12月5日から2020年6月30日の間、協賛店にて対象のSEROW250 FINAL EDITIONを購入すると、SEROW250 FINAL EDITIONのロゴ入り「オリジナルウッドマグ」がもらえるキャンペーンが実施されていますが、このキャンペーン名が「Take a break」って名前なのが気になりますね・・・。

「Take a break」って「ひと休みしましょう」ということですが、これはプレゼント品のウッドマグでコーヒーでも飲んで「ひと休み」・・・を意味するのでしょう。でも深読みすると、これはフルモデルチェンジした次のセローが登場するまで「ひと休み」・・・とも受け取れてしまいます。

果たしてその真意は・・・? いろいろ妄想? しつつ、ヤマハからの新たなアナウンスを待ちたいですね!

ヤマハ 公式サイト
まとめ:ロレンス編集部 宮﨑健太郎

LAWRENCEは、こちら!
ロレンスではいま、こんな記事が人気です!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します