サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ、欧州に自社開発のストロングHVを投入 「ビターラ」や「Sクロス」に搭載

ここから本文です
 スズキは25日、2022年に欧州で自社開発のストロングハイブリッド車(HV)を発売すると発表した。まず「ビターラ」に搭載し、同年後半には同日発表した新型「Sクロス」にも追加で設定する。欧州ではこれまでトヨタ自動車からストロングHVのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けていたが、自社開発品を欧州展開するのは初めて。

 ストロングHVのシステムは、駆動用モーターと独自の変速機「オートギヤシフト」を組み合わせる。日本で展開してきたハイブリッドシステムと同様の組み合わせだが、性能を高めて投入する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン