サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1年経ってどうなった?? ライズ フィット RAV4…販売データから見る 発売から1年・2年たったクルマたちの「現在地」

ここから本文です

1年経ってどうなった?? ライズ フィット RAV4…販売データから見る 発売から1年・2年たったクルマたちの「現在地」

 販売台数データを基に、発売から1年・2年が経ち想定より売れたクルマ・売れていないクルマで注目の車両6台をピックアップ。その「現在地」を自動車評論家 渡辺陽一郎氏に分析してもらった。

 発売後大ヒットしたRAV4やライズは記憶に新しいが、その後どうなったのか? 興味深いデータが揃った。

ハリアーに食われて落ち込んでいた!? RAV4がまた堅調に売れている理由は?

●ラインナップ
・トヨタ ライズ
・ホンダ フィット
・トヨタ カローラ
・トヨタ RAV4
・マツダ マツダ3
・マツダ CX-30

※本稿は2021年5月のものです
文/渡辺陽一郎氏 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】悲喜こもごも!? ピックアップした6台と販売データをギャラリーで見る

■想定より売れた!! トヨタ ライズ

 2019年11月に発売され、2020年は絶好調に売れた。2020年1~6月は小型/普通車の登録台数1位、通年でもヤリスシリーズに続く2位だ。

 コンパクトカーとSUVは人気のジャンル。その両方の特性を併せ持ち、価格は割安で、フロントマスクには悪路向けのSUVに似た野性味が伴う。

 RAV4が注目されるなど、SUVが原点回帰を強める傾向にも沿っており、ライズは市場に受け入れられ大ヒットした。

 現在は、2020年8月に内なるライバル、ヤリスクロスが発売され、こちらが登録台数を伸ばしたことが影響し、販売台数は落ち着いてきている。

2020年は絶好調だったライズ。発売当初は納車まで4~5カ月待ちになるなど、想定以上の人気を獲得

トヨタ ライズの売上推移

■想定より売れてない?? ホンダ フィット

 2020年の登録台数は前年の1.3倍だが、1カ月平均は8184台で、1カ月当たり1万台の販売計画を下回る。

 販売計画は生産終了までの平均値だから、コロナ禍の影響を考えても、発売された翌年の登録台数が販売計画の82%に留まるのは辛い。2021年1~3月の1カ月平均も決算期の3月を含んで6967台だ。

 フィットは後席や荷室が広く、現行型は乗り心地、走行安定性、視界も向上させた。

 2021年1~3月の1カ月平均が約1万台のヤリス(ヤリスクロスは除く)と比べても商品力は高い。

 N-BOXの絶好調な売れゆきが、フィットの販売に悪影響を与えている。

充分売れているように見えるが、クルマの評価の高さ、目標を考えるともっと売れるべきクルマ。N-BOXの影響を受けているわけだ

ホンダ フィットの売上推移

■セダンはイマイチだけど トヨタ カローラ セダン/ツーリング

 カローラスポーツから1年遅れ、2019年9月に発売されたセダンとツーリング。

 セダンは1カ月の平均販売台数は1344台で、セダン市場ではクラウンの1848台に次いで多いのだが、セダンカテゴリー自体が輝きを失い、かつてベストセラーだったカローラの売れゆきまで下げてしまった。

 ワゴンのツーリングは販売好調。

 国内にはレヴォーグ、マツダ6あたりしか競合がなく、価格も手頃で、ちょうどいいサイズのツーリングが市場に受け入れられた。

 新型カローラ3車種のうち、50%以上をツーリングが占めている。

ステーションワゴン市場は縮小してしまっているが、カローラツーリングは好調な売れゆきだ

トヨタ カローラセダン/ツーリングの売上推移

■想定より売れた!! トヨタ RAV4

 現行の5代目は開発段階では国内販売を考えておらず、国内発売時はサイズが大きいことが懸念されていたが、SUVの人気の高まりもあり、予想以上の大ヒットを記録。

 登録台数は2019年7月に8000台を超えた。トップクラスではないが、SUVのカテゴリーでは1位になった。

 RAV4の外観は悪路向けのSUVを連想させ、後輪左右の駆動力配分を積極的に変化させる機能など、走行性能を向上させるメカニズムも搭載。

 最近のSUVには都会的な車種が増えたこともあり、RAV4の個性が際立ったことが人気に火を付けた。

 ただし、2020年に入ると需要が伸び悩んだ。2020年6月にはRAV4とプラットフォームが共通の現行ハリアーを発売。

 RAV4は需要を奪われて売れゆきをさらに下げたのだが、それでも2021年には下降傾向が収まり、中堅水準で安定して売れ続けている。

 ハリアーに比べて価格が割安なことも堅調の理由だ。

トヨタ RAV4。ワイルドな見た目、4WD性能の高さ、価格の手頃さが合わさり大ヒット。ハリアーの登場で多少落ちたが、今は堅調に売れ続けている

トヨタ RAV4の売上推移

■こんなもんでしょうか? マツダ マツダ3&CX-30

 マツダ3は2020年における1カ月平均の登録台数が1601台、CX-30は2251台だった。

 両車はプラットフォームなどが共通だから、ヤリス&ヤリスクロスのように登録台数を合計すると3852台だ。相応の数値になる。

 2019年の発売時点では、1カ月平均の販売計画をマツダ3は2000台、CX-30は2500台としていた。が、発売の翌年には早くも販売計画を下回っている。

 低迷の理由は、ほかのマツダ車と同じく、どれも似た商品に見えることだ。

 特にCX-30は全高を1540mmに抑えたから、立体駐車場を利用しやすい反面、外観がマツダ3に似ている。

 MX-30もほぼ同じサイズで、CX-3も近い。しかもこれらの車種はすべて後席と荷室が狭く需要を食い合った。

 CX-30は車内をもう少し広げてファミリー層に対応する必要があった。

 従って2021年2~3月のCX-30の登録台数は、2016年に登場したCX-5に抜かれた。

マツダのミドルサイズ以下はどれも似ているため、需要を食い合ってるのが低迷の要因だ

マツダ マツダ3&CX-30の売上推移

 *   *   *

 新型車が登場するにつれ、相対的に古いクルマの評価は下がっていく。

 ベストカーは今後も新型車と人気車の比較を行っていくので、常に最新の評価をチェックしてほしい。

【画像ギャラリー】悲喜こもごも!? ピックアップした6台と販売データをギャラリーで見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します