サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 多すぎるF1のレース数に「もはや特別な感じがしない」とベッテルが反対。スタッフへの影響にも言及

ここから本文です
 4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、2022年シーズンに向けて現在計画されているレースの数は多すぎであり、グランプリイベントがもはや“特別”と感じられなくなる深刻なリスクがあると警告している。

 10月15日、FIAは2022年のスケジュールを発表した。23戦のカレンダーには、中国GPだった枠にイモラでのエミリア・ロマーニャGP、また5月初旬のマイアミGPが含まれている。このレース数にもかかわらず、シーズンは3月20日にバーレーンで開幕し、11月20日にアブダビで閉幕する。

おすすめのニュース

サイトトップへ