現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ルーベもフルモーも残したい」ミルナー代表が語るMスポーツ・フォードの来季2024年の構想

ここから本文です

「ルーベもフルモーも残したい」ミルナー代表が語るMスポーツ・フォードの来季2024年の構想

掲載
「ルーベもフルモーも残したい」ミルナー代表が語るMスポーツ・フォードの来季2024年の構想

 2023年のブリテッシュ・ラリー選手権を制し、フォード・フィエスタ・ラリー2をWRC2の最前線に返り咲かせたMスポーツ・フォードWRT(ワールドラリーチーム)のアドリアン・フルモー。彼はピエール-ルイ・ルーベに代わってWRC世界ラリー選手権の2023年シーズン最終戦『ラリージャパン』に参戦したが、その結果は計画どおりとはいかないものとなった。

 約1年ぶりにWRCのトップカテゴリーに復帰し、ふたたびフォード・プーマ・ラリー1のシートに戻ったフルモーは、自身のペースでタイムを刻みポイントを獲得するような平凡なイベントを期待していた。

3台斬りの衝撃/連覇を阻んだ日本の罠/ひと足早いクリスマス?etc.【ラリージャパンTop 5 Moments】

 しかし、悲劇的にも雨に見舞われたラリージャパンは非常に滑りやすい路面コンディションとなり、フルモーはフルデイ初日のオープニングステージだったSS2でクラッシュ。フルモーの計画は失敗に終わり、早々にして競技から離脱することとなってしまった。

 道路脇への転落こそ免れたものの同じポイントでTOYOTA GAZOO Racing WRTの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)がクラッシュを喫していること、またヒョンデ・シェル・モビスWRTのダニ・ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)がやはり同じ場所でコントロールを失いフルモーに先んじてクラッシュを喫した過酷なコンディションであることが確認されたことは、Mスポーツ・フォードWRTのリチャード・ミルナー代表がフルモーの今後について考える一助となった。

「道路の中央にはたくさんの水が流れていたんだ」とフルモーのクラッシュを振り返るミルナー。

「彼がブレーキをかけたとき、2本のタイヤが水の中に入り、マシンは弾かれたようにコースオフしてしまった」

「ダニ(・ソルド)によれば、アドリアン(・フルモー)は彼よりも遅いスピードでコーナーに進入したが、それでもコースオフしてしまったようだ」と英国チームのボスはWRC.comに説明した。

 チームにおけるフルモーの将来について尋ねられたミルナーは「日本で起きたことだけで彼を検討するつもりはない」と答えた。

「彼はとても強いシーズンを送ってきた。翌朝にリセットして再スタートするのではなく、ロールケージの損傷で完全にリタイアしてしまったのは本当に残念だったよ」

 Mスポーツ・フォードは、既報のとおりオット・タナクがヒョンデに移籍することを決めたため、2024年のドライバーラインアップを検討している状況だ。

 今回のラリージャパンの直前までタナクとともにラリー1カーをドライブしていたルーベは、ふたたびレギュラードライバーとしてプーマ・ラリー1を走らせる可能性がある。さらにミルナーは、フルモーが2台目のプーマ・ラリー1をドライブするのを見たいとも語っている。

「私としてはふたりとも残しておきたいんだ。彼らはマシンやチームとの仕事の経験を積んできたからね」

 この言葉どおりMスポーツのラリー1カーが来年、若手ふたりに委ねられるのか、それとも他チームからの移籍加入や復帰があるのか、発表が待ち遠しいところだ。

こんな記事も読まれています

規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
AUTOCAR JAPAN
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
月刊自家用車WEB
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
Auto Messe Web
〈ジャパントラックショー2024〉スズキ、スーパーキャリイ「軽トラ市」仕様などを出展
〈ジャパントラックショー2024〉スズキ、スーパーキャリイ「軽トラ市」仕様などを出展
日刊自動車新聞
やはり大人気……ホンダ[WR-V]販売絶好調! デビューから1カ月で累計1万3000台超えを受注!!! 
やはり大人気……ホンダ[WR-V]販売絶好調! デビューから1カ月で累計1万3000台超えを受注!!! 
ベストカーWeb
EV戦略の“怪”、世界的には「失速」、国内は充電設備1年間で「3割増」[新聞ウォッチ]
EV戦略の“怪”、世界的には「失速」、国内は充電設備1年間で「3割増」[新聞ウォッチ]
レスポンス
新東名は“3年後”に全線開通!? 「あと少し…」でも2度延期なぜ? 反響は? 最後の25km「未完成区間」とは
新東名は“3年後”に全線開通!? 「あと少し…」でも2度延期なぜ? 反響は? 最後の25km「未完成区間」とは
くるまのニュース
着けたままスマホが操作できる!スマホ対応のバイク用グローブとは?
着けたままスマホが操作できる!スマホ対応のバイク用グローブとは?
バイクのニュース
[15秒でわかる]レクサス『LBX』…ブランド最小クラスのSUVの強み
[15秒でわかる]レクサス『LBX』…ブランド最小クラスのSUVの強み
レスポンス
アウディQ8の一充電走行距離が118km伸びるオプションパッケージ「レンジプラスパッケージ」36万円を新発売
アウディQ8の一充電走行距離が118km伸びるオプションパッケージ「レンジプラスパッケージ」36万円を新発売
Auto Prove
フェルスタッペンの支配、いつまで続く? ホーナー代表「楽しめるうちに楽しんでおくべき!」
フェルスタッペンの支配、いつまで続く? ホーナー代表「楽しめるうちに楽しんでおくべき!」
motorsport.com 日本版
ホンダが新型「軽バン」発売!“ 柱無い”斬新モデル、反響は? 6速MT&CVTの「N-VAN」136万円から
ホンダが新型「軽バン」発売!“ 柱無い”斬新モデル、反響は? 6速MT&CVTの「N-VAN」136万円から
くるまのニュース
新開発水冷エンジン搭載 MUTT MOTORCYCLES「DRK-01 125/250」発売
新開発水冷エンジン搭載 MUTT MOTORCYCLES「DRK-01 125/250」発売
バイクのニュース
ホンダの新型SUV『WR-V』、発売1か月で1万3000台を受注…月販計画の4倍超
ホンダの新型SUV『WR-V』、発売1か月で1万3000台を受注…月販計画の4倍超
レスポンス
クルマの事故で散らばった破片は「基本的に当事者」が片付ける必要あり! ただし勝手に「持ちかえる」「捨てる」はNGなワケ
クルマの事故で散らばった破片は「基本的に当事者」が片付ける必要あり! ただし勝手に「持ちかえる」「捨てる」はNGなワケ
WEB CARTOP
情報処理推進機構、欧州「カテナ-X」とデータ連携基盤の相互運用を検討 欧州の電池規則に対応
情報処理推進機構、欧州「カテナ-X」とデータ連携基盤の相互運用を検討 欧州の電池規則に対応
日刊自動車新聞
【スーパーテスト】馬力アップ+軽量化+縦と横方向のダイナミクス!630馬力の新型「アウディ RS7 パフォーマンス」がサーキットを駆け回る
【スーパーテスト】馬力アップ+軽量化+縦と横方向のダイナミクス!630馬力の新型「アウディ RS7 パフォーマンス」がサーキットを駆け回る
AutoBild Japan
渋滞135分!? 中央道「地獄のGW渋滞」いつ走れば回避可能? 「穴場の時間帯」を知れば全然混んでないことも 「ずらし移動が効果的」NEXCOの予測は
渋滞135分!? 中央道「地獄のGW渋滞」いつ走れば回避可能? 「穴場の時間帯」を知れば全然混んでないことも 「ずらし移動が効果的」NEXCOの予測は
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村