サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 飛躍アルファードと失速ヴェルファイア…運命を分けた理由と未来

ここから本文です
 2021年、最も売れたクルマとなったのは「ヤリス」だった。2番目が「ルーミー」、3番目が「カローラ」、そして、4番目に売れたクルマが「アルファード」だった。アルファードは2021年、2020年の90,748台(5位)を上回る95,049台を売り上げており、まだまだ躍進しつづけている。

 しかし、このアルファード躍進のうらで、兄弟車である「ヴェルファイア」の失速が加速している。2020年は18,004台を売り上げたヴェルファイアだが、2021年は6,742台と、アルファードとは、なんと14倍もの差がついてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ