現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > もう取りこぼしはゴメンです。フェラーリF1代表、2024年に向けて逃したポイントを”リストアップ”

ここから本文です

もう取りこぼしはゴメンです。フェラーリF1代表、2024年に向けて逃したポイントを”リストアップ”

掲載
もう取りこぼしはゴメンです。フェラーリF1代表、2024年に向けて逃したポイントを”リストアップ”

 フェラーリのフレデリック・バスール代表は、2024年に向けてよりチャンスを活かせるようチームに求めた。

 2023年のシーズン最終戦アブダビGPで、フェラーリはコンストラクターズランキング2位争いでメルセデスに3ポイント差で敗れ、3位となった。

■空力の鬼才ニューウェイの心残り「もしフェラーリやハミルトン、アロンソと仕事していたら……」

 フェラーリもメルセデスもピーキーなマシンで浮き沈みの激しいシーズンを過ごした。メルセデス同様にフェラーリは開幕戦バーレーンGPの時点から出遅れ、シーズン最後までレッドブルには敵わなかった。

 フェラーリはレースペースの面で苦戦。特にタイヤの性能劣化(デグラデーション)の激しいマシンであったため、予選では速さを見せつつも、それを決勝結果に繋げられないというレースも少なくなかった。ただそれだけではない。シーズンを通して様々なトラブルやミス、信頼性の懸念などにも見舞われ、数多くのポイントを失った。

 シャルル・ルクレールは開幕戦バーレーンGPでリタイアを喫したことで、サウジアラビアGPでパワーユニット(PU)ペナルティを受ける羽目になるなど、シーズン序盤でいきなり出鼻をくじかれた。

 その後ルクレールはオーストラリアGPとオランダGPでもリタイア。アメリカGPではプランクの過剰摩耗で失格となり、サンパウロGPではフォーメーションラップに油圧系トラブルに見舞われてクラッシュを喫した。

 またチームメイトのカルロス・サインツJr.も、カタールGPでは燃料システムの問題でスタートできず。ベルギーGPではマクラーレンのオスカー・ピアストリと接触してリタイアとなった。

 バスール代表は今季、自分の頭の中に不手際で落としたポイントのリストを作ったと語り、2024年シーズンではライバルにポイントを与えるようなアクシデントを減らすようチームに呼びかけた。

「バーレーンでは、3番手を走っていたのにリタイアを喫した。そして第2戦ではペナルティを受けたんだ。シャルルとしては25ポイント近くを失ったことになる」とバスール代表は言う。

「そして、我々の後ろにいた2台のメルセデスを含む他のドライバーにポイントを与えてしまった」

「しかしそれに限ったことではない。リストができあがるくらいたくさんあったんだ」

「私は何回かリストを作って、それを頭の中で問題がないモノを抽出した。シーズン全体を通じて見れば、浮き沈みがあったと思う」

「もちろん、我々はライバルたちよりも多くのポイントを与えてしまった。それは来年に向けて取り組むべきもうひとつのテーマだ。よりチャンスを逃さず、効率的でないといけない」

 バスール代表は人前で試算することを好まず、イタリア・マラネロになるフェラーリのファクトリーでは“タラレバ”は「完全に禁じられている」という。

 「こうだったら……」「ああしていれば……」と嘆くことよりも、バスール代表はチームの多くの部門とコミュニケーションを徐々に見直しつつ、ミスを繰り返さないための努力を続けているのだ。

「これ(失ったポイント数)は心に留めておくつもりだ。私は“タラレバ”でレースをするのが嫌いなんだ。”タラレバ”が前提であれば、誰だって良い仕事ができるよ」とバスール代表は言う。

「ファクトリーでは、タラレバを使って仕事をすることが完全に禁止されている。自分たちの失敗なのだから、言い訳をするつもりはない」

「それは我々が改善しなければならないところだ。ポイントという点では、明らかに大きな可能性がある」

こんな記事も読まれています

プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
プリウスもない! クラウンセダンにもない! 最近フォグランプのあるクルマ減ってない?
ベストカーWeb
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
宮田莉朋が2度目のWEC出走へ。第3戦スパでレクサスRC F GT3を代役ドライブ
AUTOSPORT web
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村