現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW「M」のラインナップが26車種まで拡大 2019年型M3きっかけ

ここから本文です

BMW「M」のラインナップが26車種まで拡大 2019年型M3きっかけ

掲載 更新
BMW「M」のラインナップが26車種まで拡大 2019年型M3きっかけ

もくじ

ー 中間グレードとなるMパフォーマンスモデルを追加
ー 11のMモデルと15のMパフォーマンスモデル
ー アウディのSモデルやRSモデルと同様の構成に

新型BMW M3、2019年登場へ 3.0ℓ直6ターボ増強 4WD見送り

中間グレードとなるMパフォーマンスモデルを追加

拡大するMモデルのラインナップには、最近発表された第3世代X3、第2世代X4、そして近日発表の第4世代Z4や復活予定の8シリーズなどが含まれる。この新型8シリーズは、M6クーペやカブリオレの代替となるMモデルが設定される予定だ。

信頼できる筋によれば、今後18カ月の間に登場予定の新しいMモデルにはクラスの中間を埋める4WDのMパフォーマンスがある。これは新型X2や近々発表される第6世代3シリーズ、そして新型X7などが含まれる。これらはメルセデス-AMGのGLA35やC43、CLE43などがライバルとなる。

他にも新たなBMW Mモデルが追加される見込みだが、まだ生産には至っていない。例えば、4シリーズGTやクーペやカブリオレのMパフォーマンスだ。これらはおそらく2019年中に発売されるだろう。

11のMモデルと15のMパフォーマンスモデル

BMW Mの戦略は非常に野心的でありながらパフォーマンス部門としては確実なものだ。600psのM5に引き続く形で、2020年末までに26の新型もしくは改良型モデルを追加する予定だ。その内訳は、11のハードコアなMモデルと15のMパフォーマンスモデルだ。

フレッシュな新モデルでラインナップを埋め尽くすことはもちろんだが、それと同時にBMW Mはより硬派なイメージのサーキット用モデルも追加予定だ。

これは、最近M3 CSやM4 CSを発表したことにも通じている。2018年中にはM2にも似たようなグレードが設定され、M2 CSLと名付けられると噂されている。このクルマには400ps超の3.0ℓターボ付き6気筒エンジンが搭載され、エアロパーツや軽量化によってパフォーマンスが高められている。ニュルブルクリンクでのテスト風景も度々目撃されている。

アウディのSモデルやRSモデルと同様の構成に

BMW Mはより安価なモデルにも力を注いでいる。アウディS3や近日発表のメルセデス-AMG A35とライバルとなる1シリーズのMパフォーマンスがこれに該当する。これは現在の後輪駆動を捨て前輪駆動となり、M130ixと名付けられる。

さらに、同様の位置付けとなる新型X2のMパフォーマンスも控えている。このモデルは4WDのみが設定され、パワーアップされたBMW製の2.0ℓ4気筒ターボエンジンが横置きされる見込みだ。

ファン・ミール氏はアウディ時代、SモデルとRSモデルを組み合わせたパフォーマンスモデルのラインナップの構築に携わっていた。今回、彼はBMW Mにも同様の手法を用いるということだ。これにはBMWのiブランドに使われてきたカーボンファイバーによる軽量化技術なども取り入れられている。

「BMW本体はBMW Mよりもはるかに多くのモデルを抱えています。しかし、われわれは将来的にさらなる拡大を図っています。需要さえあれば全てのモデルにMまたはMパフォーマンスを設定するつもりです。Mパフォーマンスモデルの設定により、今までのMとは異なる客層にアプローチできるでしょう」
とのことだ。

こんな記事も読まれています

フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
フェラーリF1、カナダで起きたPUトラブルの解決策を見出す。ルクレールは「修正した」と懸念なし
AUTOSPORT web
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
[カーオーディオ 逸品探究]イタリア発ハイエンドブランド「クワトロリゴ」の旗艦スピーカー『OPUS』の魅力に迫る!
レスポンス
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか
くるまのニュース
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
進む高速料金所ETC専用化 NEXCO西日本と本四高速が車載器購入助成 7月22日から
バイクのニュース
BMW新型「X3」世界初公開!  第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
BMW新型「X3」世界初公開! 第4世代に進化した世界で人気の“ミドルSUV”はどう変わった?
VAGUE
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! ブリッツのエアロキットに3アイテムが新登場
レスポンス
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
真夏の旧車ライフは「電動クーラー」で問題解決!「510ブル」「縦目ベンツ」「ビートル」の装着例を紹介します
Auto Messe Web
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
2.6Lエンジンでパワーもトルクもアップ。ブリスターフェンダーには50/55偏平タイヤを装着。【GTmemories12 A183Aスタリオン ダイジェスト(3)】
Webモーターマガジン
全長13mで8人乗り! ホンダ「最上級マシン」に乗れる! 憧れの「ホンダジェット」で自由に移動できる「斬新サービス」が開始!
全長13mで8人乗り! ホンダ「最上級マシン」に乗れる! 憧れの「ホンダジェット」で自由に移動できる「斬新サービス」が開始!
くるまのニュース
レクサス充電ステーション、全BEVユーザーに開放…利用前日から最大2時間の事前予約が可能
レクサス充電ステーション、全BEVユーザーに開放…利用前日から最大2時間の事前予約が可能
レスポンス
N-VAN e:って「モバイルバッテリーパック採用」じゃないのか……って残念がる声! 現実を考えればいまのN-VAN e:が正解だった
N-VAN e:って「モバイルバッテリーパック採用」じゃないのか……って残念がる声! 現実を考えればいまのN-VAN e:が正解だった
WEB CARTOP
日本と英国とのつながりを独自に表現した2モデルのレンジローバーSVの特別限定モデルがデビュー
日本と英国とのつながりを独自に表現した2モデルのレンジローバーSVの特別限定モデルがデビュー
カー・アンド・ドライバー
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
悪路なんて走らないしアウトドア趣味もない! それでも人気のSUVでしか得られないメリットを探したらけっこうあった!!
WEB CARTOP
前席のみの三菱新型「2人乗り軽バン」アンダー150万円で買える“新仕様”登場! 新型「ミニキャブEV」発売
前席のみの三菱新型「2人乗り軽バン」アンダー150万円で買える“新仕様”登場! 新型「ミニキャブEV」発売
くるまのニュース
ポルシェ911買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
ポルシェ911買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
Bigなキャンペーン、Bigなキット!amtの大いなる賭け、レベルの帰還、そして…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第29回
Bigなキャンペーン、Bigなキット!amtの大いなる賭け、レベルの帰還、そして…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第29回
LE VOLANT CARSMEET WEB
自動車メーカーの「認証不正」でも話題となった「JNCAP」って何? 実は「国の基準」と違う? 認証とJNCAPでズレも… 今後の課題とは
自動車メーカーの「認証不正」でも話題となった「JNCAP」って何? 実は「国の基準」と違う? 認証とJNCAPでズレも… 今後の課題とは
くるまのニュース
ボルボ『XC90』改良新型を発表…「Ultimate」が「Ultra」に
ボルボ『XC90』改良新型を発表…「Ultimate」が「Ultra」に
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村