サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ボンドカー・レプリカに撃たれる】ロータス・エスプリ S1とエスプリ・ターボ 後編

ここから本文です

【ボンドカー・レプリカに撃たれる】ロータス・エスプリ S1とエスプリ・ターボ 後編

大間違いだった15年放置の不動車

執筆:Greg Macleman(グレッグ・マクレマン)

【画像】見事なボンドカー・レプリカ ロータス・エスプリ 最新のエミーラも 全81枚

撮影:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


シリーズ1のロータス・エスプリは、車重900kgという軽量なミドシップならではといえる、繊細なバランスを備える。一度運転すれば、病みつきになるほどの魅力だ。

もし潜水艦として水中に潜ったら、それほど速くは進めない。しかし、路上なら興奮度満点。最高速度は公称の222km/hに届かないかもしれないが。

ファビアンの仕事は、ボンドカーのレプリカという点でも、英国製スーパーカーのレストアという点でも、非の打ち所がない。彼好みの特殊装備がなければ、コンクール・デレガンスで優勝も掴める完成度だといえる。

これほどの1台を作り上げたのなら、当面は満足できるはず。だが彼は、エスプリ・ターボをベースにしたレプリカへ突き動かされる。1981年の、「ユア・アイズ・オンリー」に登場したボンドカーだ。

「スキーを載せたボンドカーの、良くできたレプリカは見たことがありませんでした。そう気が付いたら、居ても立ってもいられなくなったんです」。苦笑いするファビアン。

「買ったのは安価な不動車。それが大間違いでした。同じ金額で走行可能なエスプリ・ターボも見つけたのですが、サンルーフが付いていたのでやめました。15年も放置されると、悲惨な状態になります。トランスミッションも、すべて腐っていました」

「バラすと、さらに多くの問題が。売り手はレストア途中だと話していましたが、殆ど何も手つかず。想像以上の災難でした。摩耗するす部品はすべてダメ。金属が腐食し、ハンドブレーキもダメ。サイドシルを外す必要がありました」

数度経験したエンジンブロー

ドライサンプのタイプ910エンジンも問題の塊だった。「彼はリビルドしたと話していましたが、大体の人はそう主張して売ります。部品をバラしてみると、かなりきれいで、新しい部品も多く使われていて安心しました」

「簡単に始動し、ブルックランズで新年のクラブ・ミーティングを楽しむまで、3週間位は調子良く回っていたんです。ところが、その帰り道にエンジンブロー」

「信じられず、ジャッキでエンジンを支えながらシリンダーヘッドを外すと、カムフォロアが破損していました。新しく見えていた部品も、すべてダメに。エンジンは、フルリビルドが必要な状態まで摩耗していたんです」

ファビアンは丁寧にエンジンを組み立て直し、何度もチェックを重ねた。その途中、油圧不足に気づく。圧力のリリースバルブの不具合が原因で、きれいに掃除。シリンダー内の確認も重ね、無事に命を吹き返した。一度は。

「3週間後に再びブローです」。苦々しい表情のファビアン。「これが原因か、と発見した瞬間は、ロータスでレース用エンジンを組んでいた経験を持つゲイリー・ケンプとの会話でした」

「リリースバルブを取り出したのか、彼が質問してきました。その部品は修理できないんです。その話を聞いて、すぐに抜き出しました。エッジはひび割れていて、あちこちに破片が付着し、オイルの潤滑不良を引き起こしていたんですね」

「結果的に、これまで4度もエンジンをダメにしています」

撮影車両から採寸したスキーラック

それ以外のレストアは、比較的順調に進んだらしい。パナソニック社製のステレオを天井にマウントし、コンポモーティブの3ピース・アルミホイールをセット。ボディはカッパーファイアー・メタリックで輝かさせた。

塗装色は、友人が所有するエスプリの燃料キャップ裏から調色した。太陽光で、色あせていない部分だ。

レプリカを仕上げるうえで重要な要素となるのが、特徴的なスキーラック。ファビアン以外のレプリカにも、大体は装備されている。当初は、ロータスが用意していたものらしい。

航空会社でパイロットを務めるファビアンは、フライトスケジュールを利用し、撮影用車両が保管されているマイアミのディーザー・カーコレクションを訪ねた。細部にまで気が配られ制作されていたことに、感心したようだ。

「様々な角度からスキーラックを採寸し、写真も数百枚は撮影しました。当初は、スタイロフォームと呼ばれる発泡材を削って複製を試みましたが、屋根へ正しく固定できなかったんです」

「もう一度カーコレクションへ戻り、観察すると原因がわかりました。ルーフは湾曲していますが、スキーを左右対称に並べるため、わたしはラックの角度で調整していました。ですが、もとはスキーが屋根の形に合わせてねじれていたんですよ」

「そこでグラスファイバーで成形し、スチールで構造材を組みました。完成したスキーラックは、6mmのボルト8本でルーフに固定しています」

走りにも表れている努力の結果

「テールゲート側は中空なので、構造材に用いられるフォーム材で強化。穴を開けた部分は金属のパイプで補強してあります」。ボンドカーとして最後のピースは、オーリン・マークVIというスキー板。オレゴンの友人を介して調達した。

シリーズ1のエスプリと4年しか違わないが、2台のロータスには想像以上のギャップがある。エスプリ・ターボの方が遥かに複雑で、レストアに要した努力も大きかったことが伺い知れる。

その結果は、走りにも表れている。ロータスは新車当時、タイプ910エンジンにギャレットT3ターボを組むことで、最高出力213psを発揮すると主張していた。だが、鍛造部品を用いているおかげで、さらにパワフルに感じられる。

実際の加速力には、目を疑う。同年代のイタリアン・スーパーカーに匹敵すると思えるほどだ。

どちらのボンドカー・レプリカも、ディティールまで美しい。でも、この2台で筆者が強く惹かれるのは、真っ白に塗られたエスプリ・シリーズ1の方。

見事なシャシーバランスと精密な操縦性に、不安感のないロードホールディング性が融合。運転に夢中にさせる力がある。

エスプリ・ターボにもその多くが受け継がれているが、ターボの中間加速は少々尖すぎる。現実世界では、運転免許が危ぶまれるほど速い。ボンドカーらしくはあるけれど。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します