サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界の頂点は「ドイツ車」信奉は未だに存在! 日本車は本当に負けているのか

ここから本文です

 かつては憧れだったドイツ車に手が届く時代!

 AMGは「アー・マー・ゲー」、BMWは「べンべ」。

じつは100万円以下! ハッタリかましてステータスを感じさせられる中古車3選

 そんな呼び方が一般的だった、70年代~80年代。ドイツ車の正規輸入車の数は、まだまだ少なかった。ゴルフやアウディは普及が徐々に進んではいたが、メルセデス・ベンツやBMWは庶民にとって高嶺の花だった。日本車とドイツ車との性能差も大きかった。

 それから30~40年以上たったいま(2020年)。ドイツのモデルラインアップはエントリーモデルからプレミアムモデルまで幅広く、価格も同じクラスの日本車よりやや高いといったところで落ち着いてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ