現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 全米が注目するフォードF150ライトニングが発表に。アメ車の頂点・ピックアップのEV化戦争が始まる

ここから本文です

全米が注目するフォードF150ライトニングが発表に。アメ車の頂点・ピックアップのEV化戦争が始まる

掲載 3
全米が注目するフォードF150ライトニングが発表に。アメ車の頂点・ピックアップのEV化戦争が始まる

米フォード・モーターは5月19日、フルサイズピックアップトラック「F-150」のEVバージョン「F-150 ライトニング」を2022年春にリリースすると発表した。

フォードが2兆円以上を投じた電動化計画の一貫として、44年間にわたりピックアップトラックとして全米ナンバーワンセールスを誇るF-150に電動パワートレーンが採用される。そのラインナップは商用ユースに特化した仕様から、豪華装備のパーソナルユース向けグレードまで多岐に渡り、スタート価格は前者が39974ドル(約435万円)、後者が52974ドル(約576万円)とのことだ。

アメ車もどんどん“エコ”になる! 新型フォードF-150ライトニング登場

パワートレーンは数種類用意される見通しだが、最強グレードは563hp/1051Nmが開発ターゲットとのことで、これが実現すればF-150の全グレードで最強のトルクとなる。大柄なボディにもかかわらず、加速性能も相当のレベルに達し、航続距離を強化したバッテリーを選択した場合には、0-60マイル/h(約0-97km/h)加速は4秒台半ばになるとのことだ。ちなみに、開発が順調に進捗した場合、F-150 ライトニングは既存のハイパフォーマンスバージョン「F-150 ラプター」をも凌ぐ能力を手に入れることとなる。

さらに、F-150 ライトニングは、ボディにミリタリーグレードのアルミニウムを採用。Fシリーズとして初の採用となる独立懸架式リアサスペンションも相まって、乗り心地の快適性がさらにアップするという。車体のベースとなるフレームにはF-150シリーズで最も強度の高いスティールを用い、最大積載量は907kgを達成。米国で重視される牽引能力も約4.5トンとアナウンスされる。

コネクティビティなどのデジタル技術も惜しみなく採用し、ネット経由でのソフトウェアアップデートに対応。室内には、15.5インチのタッチスクリーンを装備するほか、米国及びカナダの一部高速道路では、完全なハンズフリー・ドライビングが実現する。異常気象時などに自宅への電力供給が可能なことも広大な米大陸では大きなニュースだろう。

米国のアイコンたるピックアップトラックも完全電動化が視野に入り、自動車における脱炭素化の流れは一気に加速しそうだ。

こんな記事も読まれています

もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
AUTOSPORT web
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
AUTOSPORT web
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
ベストカーWeb
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
AUTOSPORT web
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
AUTOCAR JAPAN
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
AUTOSPORT web
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
Auto Messe Web
登録者数400万人超YouTuber、新車で買った「高級車」公開! ガラスルーフ×白内装の“近未来モデル”に「カッコイイ!」の声集まる
登録者数400万人超YouTuber、新車で買った「高級車」公開! ガラスルーフ×白内装の“近未来モデル”に「カッコイイ!」の声集まる
くるまのニュース
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
「高級小型スポーツ」がパワーアップ! 直6ターボで480馬力 新型BMW M2クーペ、8月生産開始
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

3件
  • iPadついてるみたい。
  • 経済学者が口を揃えて
    日本人にこれ以上のエコを
    求めるのは無理です
    生活に余裕がありません、と
    指摘するのもわかる
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村