サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイントに対するルノーの抗議、スチュワードが”適格”と判断。FIA技術部門が評価開始へ

ここから本文です

 ルノーF1チームは、2020年のF1第2戦シュタイアーマルクGP決勝レース終了後、レーシングポイントのマシンRP20がレギュレーションに合致していないとして、同GPのスチュワードに対して抗議を提出した。

 この抗議は、スポーティングレギュレーションの付則6で規定されている、パーツのチーム間での共有可否に関するものだ。

■ルノー、”ピンクメルセデス”に抗議「レーシングポイントの今季マシンの合法性を明確に」

 具体的には、レーシングポイントRP20で使われているフロントとリヤのブレーキダクトが、問題視されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ