サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルRB16Bには”良いポテンシャル”あり? 初走行フェルスタッペン&ペレス好感触

ここから本文です

 レッドブルはシルバーストン・サーキットでフィルミングデーを実施し、2021年用マシンRB16Bを初走行させた。

 この日はマックス・フェルスタッペンと、今季新加入のセルジオ・ペレスがステアリングを握り、合計100kmの走行ながら好印象を得たようだ。

■F1新車”雑感”解説:レッドブルRB16B。60%が昨年型と同じ……でもリヤサスペンションに変更あり

 ペレスは前日に旧型のF1マシンRB15で走行。そこから最新のRB16Bの乗り換え、その比較を確認。ニューマシンの最初の感触に勇気づけられたようだ。

「可能性を見出すことができるよ」

 ペレスは走行後にそう語った。

「RB15に先に乗ることができてとても良かった。

おすすめのニュース

サイトトップへ