サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産/三菱共同開発による軽自動車EV登場は2023年か。三菱が水島製作所の設備投資に約80億円

ここから本文です
2020年7月28日、三菱自動車はEV(電気自動車)の新型軽自動車を生産するための設備投資を行うことを発表した。2022年以降に導入されるこの新型EVとはどのようなモデルなのか。

三菱はまだ新型EVの姿を公表していないが
三菱自動車が2020年7月27日、2020年度第一四半期の業績を元に通期の見通しを発表。欧州や北米市場での販売台数が低調だったこと、固定費の増加などの要因により当期純損失が3600億円になるとの予測を発表した。これと同時に2020年度~2022年度の中期経営計画「Small but Beautiful」を公開。

おすすめのニュース

サイトトップへ