サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:大嶋がつくり、山下が攻める。チームルマンが作り上げたセットアップ術の功績

ここから本文です

 移籍して2019年シーズンからWAKO’S 4CR LC500のトラックエンジニアを担当した阿部和也エンジニアはレースウイークに初めてLC500をもてぎで走らせた。事前に実施されるタイヤテストには、各メーカー使用するタイヤ銘柄別に台数の制約があるからだ。

 テストに帯同してレクサス+ブリヂストンタイヤ代表38号車(ZENT CERUMO LC500)の情報を共有したものの「やっぱり自分でやらないと、感覚がつかみきれないですよね。かなり悩みました」。タイム差が少ないうえに、予選上位グリッド獲得が必須のもてぎにおいてこれは大きなハンデだ。

スーパーGT500王者コンビの“理想像”へ。かつての寿一&ロッテラーをも彷彿とさせる大嶋&山下の進化

「正直、大嶋(和也。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン