サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 33】ダイハツ コペンは所有する喜びと操る楽しさでいっぱいのオープン2シーターだった

ここから本文です
今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「ダイハツ コペン」だ。

ダイハツ コペン(2002年)
ホンダ ビート、スズキ カプチーノ以来のオープン2シーター軽、「コペン」がダイハツから登場した。デザインはほぼ昨年(編集部註:2001年)の東京モーターショー出展車のままで、丸みを帯びたユニークなスタイルは、ビートやカプチーノのようなスポーツ路線とは少々異なる。だが、実際に乗ってみるとコペンは見た目以上に「スポーツ」してくれるのだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ