サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ハイエースの車中泊】ワイドボディ/ハイルーフ/無垢材、心地よさにこだわるキャンパー 

ここから本文です

【ハイエースの車中泊】ワイドボディ/ハイルーフ/無垢材、心地よさにこだわるキャンパー 

セドナ・タイプIVとは

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)、AUTOCAR編集部

【画像】ワイド/ナロー ハイエース・キャンパーの差【写真で比べる】 全189枚

新しい生活様式が求められる中で、物財の多さ=幸福度という考え方ではなく、本質的な満足度を求めるバンライフが、いまや時代に沿ったムーブメントとなっている。

セドナ・バンライフ・プロジェクトが提案する、バンと共に過ごすシンプルなライフスタイルもその1つ。

千葉県・幕張メッセで開催されたジャパンキャンピングカーショー2021に、同社のモデルが2台展示された。

1つは、ハイエース(ナローボディ)をベースにした「セドナ・タイプIII」。車内と屋外の融合をコンセプトに、外に向かって引き出せるテーブルなどを装備したモデル。

もう1台は、ここで紹介する「セドナ・タイプIV」。

タイプIIIの考え方を、大きなサイズのハイエース・ワイドボディに詰め込み、ゆとりある空間で車中泊を満喫できるモデルとなっている。

車内を3つのエリアに

そのエクステリアは、商用バンの無骨さはそのままに、艶消しブラックのWライン・デカール(オプション)でシンプルにまとめたのが特徴。

ワイドボディ・ハイルーフのハイエース・スーパーロングDXバン(4ドア)がベースなので、室内に入るとたしかにタイプIIIよりも広い。登録は8ナンバーとなる。

リアの常設ベッドは、幅1700mm×長さ1900mmというサイズで、ダブルベッドにも匹敵する広さを誇る。

セカンドシートは、後ろ向き座席にアレンジ可能なREVOシートを採用。リア常設ベッドとの間にテーブルを持ってくることで、ダイネット・モードに。

ハイルーフのため、リア常設ベッドの下段には、ラゲッジスペースを確保。それとは別にダイネットの空間も存在するので、車内は3つのエリアに区切られている。

ベッドを使うために、わざわざ家具・シートをアレンジする必要がなく、クルマを停めればいつでも寝転べるわけだ。

うづくり加工の味わい

数あるハイエース・キャンパーのなかでも注目したいのは、天井一面を覆うレッドシダー。無垢材の木目の固い部分を残し、柔らかい所をブラシで削って木目の凹凸を強調する“うづくり加工”のオリジナル品だ。

ヴィンテージ調の赤茶の天井が、車内を落ち着きと深みのあるスペースにしている。

そんな雰囲気たっぷりのレッドシダーに、ブラックのアイアンフレームをアクセントとして組み合わせることで、内装のデザインを完成させている。

夫婦2人で広々と、子どもも連れてワイワイと。「タイプIV」なら、どんな遊び方もくつろぎ方も叶えてくれるだろう。

「セドナ・タイプIV」の税込み価格は、463万7600円(2700ccガソリン/2WD/6AT)~となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します