サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディがアッパーミドル級の「A6&A7シリーズ」に一挙Sモデルを投入!

ここから本文です

アウディがアッパーミドル級の「A6&A7シリーズ」に一挙Sモデルを投入!

450ps/600Nmを発揮する2.9L V6ターボに48Vシステムを組み合わせるマイルドハイブリッドを採用

8月25日、アウディジャパンはプレミアムアッパーミドルクラスの「A6シリーズ」および「A7スポーツバック」の高性能モデルである新型「S6/S6アバント」、「S7スポーツバック」を9月15日に発売すると発表した。

WRCに4輪駆動車の新風吹き込んだアウディ・クワトロの7年間の戦いを総括【新書紹介】

・新型「S6」:13,030,000円
・新型「S6アバント」:13,390,000円
・新型「S7スポーツバック」:13,740,000円
※価格は消費税込み

「S」モデルは、圧倒的なパワーと環境性能を両立する先進のエンジンと、「クワトロ」フルタイム4WDシステムを搭載し力強いパフォーマンス、優れたダイナミクス、そして高い実用性を兼ね備えたアウディのスポーツモデルに与えられるネーミング。アウディの各シリーズにおける上級グレードとして位置づけられている。

新型「S6シリーズ」および「S7スポーツバック」には、いずれも450ps/600Nmを発揮する2.9L V型6気筒ターボエンジンを新たに搭載。トランスミッションは8速AT(ティプトロニック)を組み合わせる。このパワートレインの技術的ハイライトとして、マイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載している点が挙げられる。これは48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト・オルタネーター・スターター)を中核技術として構成されており、省燃費を実現するもの。またターボチャージャーに加えて電動コンプレッサー(EPC)を搭載することで、エンジンが低回転域でもターボラグのない素早い加速を可能にしている。なお、WLTCモード燃費は3モデルいずれも9.5km/Lと発表された。

シャシーはSモデル専用設定のアダプティブエアサスペンションを採用しており、オプションのリヤスポーツディファレンシャルと組み合わせることで、よりダイナミックな走行性能を実現する。

エクステリアは新しいアウディのデザイン言語を体現し、スポーティかつエレガント、ハイテクで洗練されたキャラクターを表現。専用デザインの前後バンパーを装着し、さらに精悍さも強調している。

ブラックを基調としたインテリアは、バルコナレザーを用いたSロゴ付きのスポーツシートや、マット仕上げのアルミニウム製デコラティブパネルなどを採用。スポーティさが演出されているのは「S」モデルらしい。

最新のデジタル技術やセーフティ技術が充実しているのも新世代アウディらしい。10.1インチと8.6インチのふたつのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメントシステムを採用したほか、アダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブドライビングアシスタントをはじめ、数々の先進運転支援システムを装備。新しいパワートレインによるパワフルで効率的なパフォーマンスとともに、より快適で安全なドライビングを実現している。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します