現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今さら聞けない】中古車で良く耳にする「過走行車」とはどんな距離のクルマ?

ここから本文です

【今さら聞けない】中古車で良く耳にする「過走行車」とはどんな距離のクルマ?

掲載 更新
【今さら聞けない】中古車で良く耳にする「過走行車」とはどんな距離のクルマ?

現在のところ1年1万kmが基準の走行距離

中古車を買うときや、逆に手放すときに気になるのが走行距離だろう。もちろんクルマというのは走ってこそのものだけに、走行距離が増えていくこと自体は問題ではない。

【MT車で見かける】ギヤチェンジの際に1回空ぶかしする人がいるけど意味はある?

そこで気になるのは過走行。つまり基準よりも走りすぎているから壊れやすいとか、安くしか下取ってもらえないのではないか、ということだ。

その気持ちはよくわかるけど、そもそも基準ってどんなものなのだろうか。昔からいわれるのは、1年あたり1万kmだ。その昔はクルマの寿命は10年/10万kmと言われていたので、これが根拠になっているのだろう。

1年をさらに12カ月で割ると、月に800kmぐらい。サンデードライバーだとクリアするのは難しい数字かもしれない。そうなると妥当性はあるだろうし、中古車店に取材に行くと今でも年間1万kmというを基準にしていることは多い。

この点に文句はなし。ただし、それだけがすべてかというそうでもないだろう。人間に例えると、1年1万kmというのは一般的な歳の取り方だ。その一方で、歳よりも若かったり、元気な人もいるのも事実。クルマでもこの状態はあり得るわけで、つまり走行はかさんでいてもシャッキリとしているクルマはけっこうある。

今のクルマは製品精度が上がっているため必ずしも程度と距離は比例しない

シャッキリしている理由は、メンテをキチンとしていたり、手荒く乗らなかったり。また一気に長い距離を走るというのも、じつはクルマにとって調子が引き出せる乗り方だったりする。そうなると、単純に距離だけでは判断できない。

手放すときは、いくら調子がよくても距離がかさんでいるというだけで安くなってしまうのはあるかもしれないが、買うときは記録簿を見たり、試乗をして実際の状態を確かめてみるなどすれば、一見過走行でも、シャッキリとした程度のいいものを見つけることができるだろう。そうなれば価格も安くて、懐にも優しい。

こういった状況は、クルマそのものがよくなってきたというのが大きな理由としてあるわけで、20~30万km走っても問題なしというのは珍しくもない。そんな時代に必ずしも1年あたり1万kmにこだわることはないだろう。そろそろ過走行の基準を見直す時期に来ているのかもしれない。

関連タグ

こんな記事も読まれています

アルピーヌ、F1チーム売却のうわさを否定。大不振のなか、A524の改善に取り組み、2026年新規則への準備も進行中
アルピーヌ、F1チーム売却のうわさを否定。大不振のなか、A524の改善に取り組み、2026年新規則への準備も進行中
AUTOSPORT web
【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
【万人受けは狙わない】 時代を裏を突いた仏の一台 DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュEテンス
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラE初開催のミサノで連続表彰台を目指すニッサン。ルーキーセッションでカイオ・コレも初走行へ
フォーミュラE初開催のミサノで連続表彰台を目指すニッサン。ルーキーセッションでカイオ・コレも初走行へ
AUTOSPORT web
元都民のロッテラーが見たフォーミュラE東京大会。都心部での開催に期待「欲を言えば、六本木(笑)」
元都民のロッテラーが見たフォーミュラE東京大会。都心部での開催に期待「欲を言えば、六本木(笑)」
AUTOSPORT web
ニッサン「新型コンパクトSUV」世界初公開へ!? 斬新「ツブツブ」グリルがカッコイイ! 美しすぎる「流麗SUV」まもなく発表
ニッサン「新型コンパクトSUV」世界初公開へ!? 斬新「ツブツブ」グリルがカッコイイ! 美しすぎる「流麗SUV」まもなく発表
くるまのニュース
【スーパーGT岡山】新予選方式の犠牲に。8号車ARTA、Q1好調も4輪脱輪でピットスタート……松下信治「ポールを争うチャンスさえあった」
【スーパーGT岡山】新予選方式の犠牲に。8号車ARTA、Q1好調も4輪脱輪でピットスタート……松下信治「ポールを争うチャンスさえあった」
motorsport.com 日本版
【MotoGP】マルケス、得意のCOTAで3番手発進も「他のサーキットより大きく、スタイルを変える必要がある」
【MotoGP】マルケス、得意のCOTAで3番手発進も「他のサーキットより大きく、スタイルを変える必要がある」
motorsport.com 日本版
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーネット
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(後編)
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(後編)
GQ JAPAN
【スーパーGT岡山】23号車MOTULのクインタレッリ、予選Q2担当もペース上がらず6番手……しかし決勝には手応えアリ?「僕らはトヨタ勢よりも良さそうに見えたんだ」
【スーパーGT岡山】23号車MOTULのクインタレッリ、予選Q2担当もペース上がらず6番手……しかし決勝には手応えアリ?「僕らはトヨタ勢よりも良さそうに見えたんだ」
motorsport.com 日本版
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
「レヴォーグ」vs「カローラ クロス」実用性と使い勝手で選ぶならどっち?
@DIME
タイム合算方式の新予選が生んだ、“悔しいポールシッター”。Q1で5番手の山下健太がアタックを振り返る「ドライバーとして情けない」
タイム合算方式の新予選が生んだ、“悔しいポールシッター”。Q1で5番手の山下健太がアタックを振り返る「ドライバーとして情けない」
motorsport.com 日本版
ファルケン・モータースポーツ、2024年ニュルブルクリンク24時間のドライバーラインアップを発表
ファルケン・モータースポーツ、2024年ニュルブルクリンク24時間のドライバーラインアップを発表
AUTOSPORT web
キーワードは”人”。日本の老舗機械メーカー、コマツがウイリアムズF1と大型契約を結んだワケとは? 今後の展開を訊く
キーワードは”人”。日本の老舗機械メーカー、コマツがウイリアムズF1と大型契約を結んだワケとは? 今後の展開を訊く
motorsport.com 日本版
「VTEC+ターボ+4WD」! ホンダが“全部盛り”の新型スポーツセダン「タイプS」実車展示! 圧倒的な「走行性能」実現した新型TLX NYに登場
「VTEC+ターボ+4WD」! ホンダが“全部盛り”の新型スポーツセダン「タイプS」実車展示! 圧倒的な「走行性能」実現した新型TLX NYに登場
くるまのニュース
【MotoGP】アメリカズGP初日にレコード更新のマルティン「まだマージンがあった」このまま週末席巻できる?
【MotoGP】アメリカズGP初日にレコード更新のマルティン「まだマージンがあった」このまま週末席巻できる?
motorsport.com 日本版
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
圧巻のオフロード性能を見逃すな! 三菱の新型「トライトン」は都会も悪路も走れる万能ピックアップトラックだった【動画】
WEB CARTOP
【2024年版】日産 ノート VS 日産 キックスを徹底比較
【2024年版】日産 ノート VS 日産 キックスを徹底比較
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村