サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ分析:予選タイムは昨年の0.038秒落ち。トップ10唯一のミディアムスタート戦略で挽回なるか

ここから本文です

 今シーズン初の予選が終了した。トップ3の結果は次の通りだ。
1位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)1分2秒939
2位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分2秒951
3位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分3秒477

 昨年もフェルスタッペンは予選3番手で、ハミルトンのペナルティ(他者のアタック妨害)によって、フロントロウからスタートした。つまり、順位だけを見れば、2019年と同じ結果となった。

ホンダF1田辺TDオーストリアGP予選後インタビュー:「予選時点でのパッケージの差が見えた」コンマ5秒の差に悔しさ隠さず

 しかし、タイムを見ると、状況は大きく異なる。2019年の予選トップ3の結果は次の通りだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ