サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ、2021年4~6月期決算 黒字転換 北米販売好調などが貢献

ここから本文です
 マツダが30日発表した2021年4~6月期の連結決算は当期損益が113億円の黒字に転換した。前年同期は新型コロナウイルス感染拡大の影響から666億円の赤字だった。米国での新車販売が好調だったのに加え、在庫を削減するなどして効率化を図った。半導体の供給不足や原材料価格上昇など、先行き不透明なことから通期業績見通しは5月に公表した前回予想を据え置いた。

 期中の新車販売台数は北米が7割増、欧州がほぼ倍増し、グローバルでは前年同期比45%増の35万3千台と伸び、コロナ禍前の19年4~6月期の水準に回復した。半導体が不足する中、受注が好調な市場向けのモデルを優先的に生産した。

おすすめのニュース

サイトトップへ