サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > リアに2ストロークエンジンを搭載!ニッポンの軽自動車が求めた性能とは

ここから本文です

エンジンの大変革を経た軽自動車

 税金、保険、ランニングコストと維持費が安く、車体サイズもコンパクトであることから、軽自動車は日本独自の車両規格として多くの人に重宝がられ、親しまれてきた。現代の主流は、660ccのエンジンを使い、スペース効率に優れたFF方式でまとめられている。だが、その歴史を振り返ると、まったく異なる形態をたどってきたことが分かる。軽自動車の進化の流れには敬服するばかりだ。

軽自動車の進化とライバル列伝「5メーカーがしのぎを削りあった名5番勝負」

黎明期から三つ巴のスズキ、スバル、ホンダ

 軽自動車の発端は、1955年に登場したスズキ・スズライトだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ