現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【海外試乗】 さらなる高みへ達した跳ね馬の本域「フェラーリ・ローマ・スパイダー」

ここから本文です

【海外試乗】 さらなる高みへ達した跳ね馬の本域「フェラーリ・ローマ・スパイダー」

掲載
【海外試乗】 さらなる高みへ達した跳ね馬の本域「フェラーリ・ローマ・スパイダー」

V8の熱狂、エレガントな風格、そしてオープンエアモータリング……。既に'23年5月に日本でも実車が公開されたローマのオープントップ、「ローマ・スパイダー」を本国で試乗。クーペ以上の美しき佇まいに加えて乗り味も十分に煮詰められていて、ファンなドライビングが楽しめる。クーペに続くスパイダーの登場により、その価値はさらに高められたと言えるだろう。

乗り心地はクーペよりも確実に良くなっている

フェラーリ世界第2位の販売を誇る日本市場について極東・中東エリア統括CEOディーター・クネヒテル氏とフェラーリ・ジャパン代表のロマニエッロ・ドナート氏にインタビュー

もし、2020年以降にリリースされた量産型フェラーリの中でマイベストを選ぶなら、私は迷わずローマ・スパイダーをイチ押しする。

イタリア・サルデーニャ島で行なわれた国際試乗会で試乗を終えたあと素直にそう思え、弊誌(ル・ボラン)を愛読していただいているドライビング好きの方ならば、共感してもらえるはず……という確信に近い感触を抱きながら、シートを後にした。

現代版ドルチェヴィータと題されたローマ/ローマ・スパイダーは、カリフォルニア、ポルトフィーノの系譜であるものの、オープン機構はリトラクタブルハードトップではなくソフトトップを採用。1969年にデビューしたデイトナとして知られるGT4/S以来のフロントエンジン&スパイダーということから、一部のファンからは、このモデルが仰望されているという。

クーペよりもデザインの自由度が高くなったことから、クローズ状態ではエレガントなシルエットを手に入れ、さらにカーボンファイバーを織り込んだテクニカルウィーブと呼ばれる素材を採用することでルーフに表情が生まれ、見事なまでにボディとの調和が生み出されている。

車重はクーペよりも84kg増加されたが、電子制御を含むサスペンション等のキャリブレーションはFERRARI31スパイダー用に再設定されるとともに、シルやその他の主要構造部を強化することでねじり剛性を強化。食事で同席したエンジニアは「クーペよりも乗り心地は良くなっている」と自信をのぞかせていたが、それはこの後の試乗でまざまざと思い知ることとなった。

コクピットは、基本的にローマからのキャリーオーバーとなり、ステアリングホイールの操作スイッチの一部変更や、センターコンソールに電動ソフトトップの操作スイッチが加えられるなどの細かな点が変更された。

今回の試乗ステージはイタリア・サルデーニャ島南部の市街地やワインディング路が中心で、アウトストラーダ(高速道路)のない島であることから、高速クルージングは日本の高速道路と近しい制限速度に留まった。

走り出だしてからすぐ、ホテル敷地内のスピードバンプを乗り越えるポイントに出くわしたが、着地の印象はスポーツカーのそれとは異なり、むしろサルーンに近い。市街地では日本と同じくらいのスピード域で流したが、路面環境は決して良いとはいえないサルデーニャでも荒々しさとは無縁の乗り心地を披露してくれ、実に上質でしっとりしている。また、クルマ任せのシフト操作も実に巧みで、ギクシャクすることもない。例えば、十分に減速してからコーナーに入り、出口でアクセルペダルを踏み込むシーンでも、気持ちよくギアがセレクトされていくので、何気ないところでもドライビングファンが感じられた。この辺りの印象はクーペよりも確実にスパイダーの方が良くなっているはずだ。

コーナリングにはストーリーを感じる

今回のメインステージとなる地中海を望みながら走れるワインディング路では、さらなる真価を目の当たりにすることとなった。

パワートレインはクーペ同様にV型8気筒ツインターボと8速DCTの組み合わせとなるが、エキゾーストはスパイダー用に調整され、電子制御バルブにより速度域や選択するマネッティーノに合わせてV8サウンドは音色を変える。例えば「スポーツ」で2、3、4速とパドルを弾けば、「魅せる音」「愉しむ音」が咆哮する。一方、「コンフォート」に設定してクルージングギアで走れば、他のパッセンジャーと会話ができるレベルの心地よいエンジンサウンドとなる。

また音の演出と合わせて巧みなのが、後席を蓋のように覆うウインドディフレクターによる風の巻き込み処理だ。このディフレクターには細長いダクトがあり、これが車内で巻き起こる乱気流を整え、パッセンジャーの頭上付近は整流された状態が保たれる。意外と言ったら失礼だが、これが見た目以上に良い仕事をしてくれ、風の巻き込みの抑制だけでなく髪が四方八方に乱れるストレスからも解放され、ずっとオープンで走り続けることができた。

そして、何にも増して唸らされたのがハンドリングだ。大きな弧を描くようなコーナーでは、旋回方向へ発生する横力をグラデーションのようにじわじわと感じさせ、この感覚がとにかく気持ちよく、そして正確に曲がって行く。一方、タイトコーナーで素早く舵を切った場合でもFRスポーツらしくノーズは機敏に入り遅れることなくリアが追従してくれる。どんなコーナーでも、ノーズインから車体の旋回という一連の動きにおいて単に曲がるだけではなく、ストーリーが感じ取れるのだ。サルデーニャのワインディングを走りながら「次はどんな感じ(どんなストーリーのコーナー)?」とワクワクしながら走ることができた。

そう、ローマ・スパイダーは高性能ウォーズではなく、純粋に走りやクルージングで楽しめるフェラーリであり、新しいフェラーリオーナーの間口を広げるモデルでもある……というのが冒頭で記した感触の本地であろう。

試乗を終え、コーナーでの印象をエンジニアにぶつけたところ、それはまさに彼らが意図したセッティングであることと、市販車では488ピスタから導入された「フェラーリ・ダイナミック・エンハンサー」がキーポイントで、4つのホイールにリアルタイムでブレーキ圧を加えながら走行条件に応じて横方向の挙動をコントロールしているとのことだった。

いずれにしても、ローマ・スパイダーの楽しさには度肝を抜かれずにはいられなかった。

【Specification】FERRARI ROMA SPIDER/フェラーリ ローマ・スパイダー
■車両本体価格(税込)=32,380,000円
■全長/全幅/全高=4656/1974/1306mm
■ホイールベース=2670mm
■トレッド(前/後)=1652/1679mm
■車両重量=1556kg
■エンジン形式/種類=V8DOHC32V+ツインターボ
■内径×行程=86.5×82.0mm
■圧縮比=9.45:1
■総排気量=3855cc
■最高出力=620ps(456kW)/5750-7500rpm
■最大トルク=760Nm(77.5kg-m)/3000-5750rpm
■燃料タンク容量=80L(プレミアム)
■トランスミッション形式=8速DCT
■サスペンション形式=前:Wウイッシュボーン/コイル、後:マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前後245/35ZR20/285/35ZR20

問い合わせ先=フェラーリジャパン 03-6890-6200

こんな記事も読まれています

熱中症対策に【CIEL】の「ネッククーラー」がいい!起動後3秒で体感マイナス9度Cになってヒンヤリ!   
熱中症対策に【CIEL】の「ネッククーラー」がいい!起動後3秒で体感マイナス9度Cになってヒンヤリ!   
モーサイ
欧州で発表されたばかりの3列シートSUV「マツダ・CX-80」 いつから買える? 進化のポイントは?
欧州で発表されたばかりの3列シートSUV「マツダ・CX-80」 いつから買える? 進化のポイントは?
月刊自家用車WEB
フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
フェルスタッペンがF1中国GP初優勝。セーフティカー出動も2位に13秒以上の差「ペースや一貫性、すべてに満足」
AUTOSPORT web
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
【チューニングカー】フィアット500Cの限定スペシャルモデル「イルムシャー フィアット 500」のいったいどこが特別なのか?
AutoBild Japan
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
レクサスの「和製スーパーマシン」!? 600馬力超えエンジン搭載で「後輪駆動」! 迫力ボディも超カッコイイ「LF-LC GT VGT」とは
くるまのニュース
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
ブリッツの「テレビナビジャンパー」に『WR-V』の9インチ・ディーラーオプションナビの適合が新たに追加
レスポンス
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
横浜市営バスも次々減便! ドライバー不足という名の「猛毒」は、ついに日本の“中枢”まで入り込んできた
Merkmal
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
パイオニアのバイク用音声ナビ「MOTTO GO/モットゴー」プレリリース版を Android 端末向けにリリース!
バイクブロス
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
高速SAの「ゴミ箱いつも満杯」問題に救世主!? 新発想の「自動圧縮ゴミ箱」導入へ ゴミ量も遠隔で分かる「スマートゴミ箱」 高松道
くるまのニュース
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
難攻不落の「小田原城」を訪れ『本丸茶屋』でアジフライを堪能
バイクのニュース
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
アウディの新型電動SUV『Q6 e-tron』に489馬力の「S」
レスポンス
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
【角田裕毅F1第5戦分析】問題を抱えながらも最後列スタートを選択。リタイアに終わるも一段と成長した振る舞いを見せる
AUTOSPORT web
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
「何か“茶色いモノ”が……」石浦宏明、ST-Q32号車のドライブ中に小動物とニアミスの珍事/スーパー耐久
AUTOSPORT web
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
当選者はイタリアの工場見学招待旅行付?! 「エンツオの形見」と評された最期のスーパーカー 「フェラーリ F40」が偉大過ぎて言葉にできない
ベストカーWeb
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
バブルに乗り遅れたトヨタ「ソアラ」は4リッターV8搭載! 世界初アクティブ4WSを採用した米国名「レクサスSC400」とは
Auto Messe Web
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
よく見かける高速料金所前後で左に寄せての駐停車! 故障でもない限り「違反」なので絶対にダメ!!
WEB CARTOP
2024年3月の欧州新車販売、3カ月ぶりの前年割れ EVも11%減少 欧州自動車工業会
2024年3月の欧州新車販売、3カ月ぶりの前年割れ EVも11%減少 欧州自動車工業会
日刊自動車新聞
全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
全長4.4m以下で "7人乗り" 実現! シトロエン新型「C3エアクロス」 箱型シルエットのSUV登場 
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村