現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ・カブリオレ(B3系) 英国版中古車ガイド ダイアナ妃も運転していた

ここから本文です

アウディ・カブリオレ(B3系) 英国版中古車ガイド ダイアナ妃も運転していた

掲載 更新 4
アウディ・カブリオレ(B3系) 英国版中古車ガイド ダイアナ妃も運転していた

多くの長所があるカブリオレ

故ダイアナ妃も乗っていたという、アウディ・カブリオレ。端正なスタイリングと美しいプリンセスとの結びつきは、ネオクラシック・モデルにとって触れるべき過去の1つだといえる。

【画像】アウディ・カブリオレ A5 カブリオレと生産を終えたTT ロードスターも 全36枚

王室が所有していた例は、以前に高額でオークションへ掛けられているが、普通に乗られていた中古車なら身近な金額が付いている。今ところ、価格上昇に巻き込まれてはいないようだ。

レストアが必要そうな例なら、英国では1000ポンド(約16万円)程度から購入でき、普通に乗れるカブリオレでも4000ポンド(約62万円)ほど用意すれば充分。執筆時の最も高い例で、約8000ポンド(約124万円)だった。

アウディ・カブリオレには多くの長所がある。強化されたAピラーのおかげで、横転時に展開するロールオーバー・バーは存在せず、ウエストラインはエレガント。ボディは戦車のように堅牢に作られており、サビに強い亜鉛メッキで仕上げてある。

欧州では、エンジンにも複数の選択肢が用意された。パワフルで信頼性に優れた4気筒1.8L 20バルブと2.0L 8バルブ、2.3Lの5気筒に、2.6Lと2.8LのV型6気筒が、モデルライフ中に登用されている。

エンジンはすべて燃料インジェクションで、最高出力は116psから176psまで。アウディらしくもあり珍しい2.3L 5気筒は、134psを発揮した。

トランスミッションは5速マニュアルか、4速オートマティック。駆動方式はFFのみで、四輪駆動は設定されていなかった。

B3プラットフォームを最終まで維持

アウディ・カブリオレは、運転好きの選択肢には入りにくかった。その理由は、同時期のE36型BMW 3シリーズ・カブリオレの方が、ずっとスポーティなキャラクターだったことが挙げられる。

製造品質に力が込められ、ボディは強化され車重は重い。そのぶん、コーナリングが鋭いわけではなかった。

また、登場が30年以上昔のカブリオレだから、走行時の衝撃でボディが震えることもある。とはいえ、クルマの魅力を否定するほどではない。エンジンはもう少しエネルギッシュでも良かったと思うが、5気筒エンジンは快音を楽しませてくれる。

そんなアウディ・カブリオレの発表は1991年。B3世代の、アウディ80がベースとなっていた。

一方で、アウディ80は1992年にB4系としてフェイスリフトを受け、さらに1994年からはB5プラットフォームを採用したA4へモデルチェンジしている。だが、カブリオレは2000年のモデル終了まで、B3プラットフォームのままだった。

その理由は、固定ルーフ・ボディと比べてカブリオレは開発費用が多く必要なのに対し、販売台数が限られるため。投じた予算の回収を考えると、モデルチェンジが難しかったのだろう。

S2譲りのボンネットとサスペンション

確かにA4へ進化したアウディに、内面では追い越されていたかもしれない。しかし、カブリオレの端正な佇まいはモデル末期まで、充分な訴求力を持っていたと思う。

ボディには、B3世代のS2クーペ譲りとなる、スタイリングなボンネットとテールライトを採用。また、S2と同じスポーツ・サスペンションも与えられていた。

1997年のフェイスリフトでは、シンプルなリアバンパーと、プロジェクター・ヘッドライトを獲得している。1999年に登場したファイナル・エディションでは、上質なレザーインテリアとエアコンが標準。16インチのアルミホイールで足もとを飾っていた。

登場から年数が経つから、探すなら細かな仕様よりも状態の良さを優先したい。ネオクラシックとして、アウディ・カブリオレが評価を高める日も遠くはないかもしれない。

オーナーの意見を聞いてみる

マーク・サンプター氏

「20歳の頃からアウディの大ファンです。最初に買ったのが、20バルブエンジンのクーペ。それから80スポーツに乗り換え、クーペへ戻り、現在のカブリオレへと乗り継いでいます」

「今は、2.8Lエンジンを搭載した、ファイナル・エディションのATモデルです。走行距離は20万kmを超えました。見た目も良いですし、走りも驚くほど。段差でスカットルシェイクが生じますが、古い年式のカブリオレは大体そんなものでしょう」

「わたしは古いアウディのスタイリングの方が、新しいモデルより遥かにクリーンで好きですね。ロールオーバー・バーがないので、ルーフを開いたシルエットもとても美しい」

「低調な価格には、疑問を持ちます。ネオクラシックだと話してくれる人も多いですが、中古車の相場は上昇していません。今のところ。掘り出し物を見つけて、楽しんで欲しいですね」

購入時に気をつけたいポイント

エンジン

カブリオレのV6エンジンは、滑らかで静かに回転するのが正解。5気筒エンジンは、爽快なノイズを楽しませてくれる。バルブリフターの不具合が生じることがあるが、エンジンオイルの経路が詰まり、油圧が下がることが原因。パワーダウンを招く。

エンジンに関係なく、タイミングベルトとウオーターポンプの交換履歴は確かめたい。

サスペンションとタイヤ

車重は軽くなく、ショックアブソーバーやボールジョイント、リンク、ブッシュ類は劣化しやすい。定期的な交換が必要になる。ショックアブソーバーのトップマウントと、ウイッシュボーンも同様。

フロントタイヤの摩耗も早い。偏摩耗がないか確かめたい。

ボディ

ソフトトップの開閉がスムーズか確かめる。トランクリッド側と兼用のハーネスの不調や、油圧を保つプラスティック製リザーバータンクからのフルード漏れが起きやすい。

ソフトトップ・シールの隙間をつたってボディパネルの間へ水が侵入し、荷室フロアが錆びることがある。同時に、フロントガラスのラバーシールの状態も確かめたい。

ボディトリムの状態も、よく観察したい。交換が必要だとしても、純正部品は高価になっている。新品のヘッドライトは、もはや入手困難だという。

インテリアと電気系統

エアバッグなど、警告灯の状態を確かめる。初期のカブリオレにはポーレンフィルターが付いておらず、エアコンのヒーターマトリックスが目詰まりしてしまう。正常にヒーターが機能するか確かめておきたい。交換は安くできない。

英国ではいくら払うべき?

1000ポンド(約16万円)~2499ポンド(約38万円)

ある程度のメンテナンスが前提の、アウディ・カブリオレが英国では中心。17万kmほど走った1997年式や、オプションだったハードトップを備える例を執筆時に見つけた。

2500ポンド(約39万円)~2999ポンド(約46万円)

整備記録は完璧ではないものの、乗れる状態のカブリオレを英国では探せる。

3000ポンド(約47万円)~5999ポンド(約92万円)

状態の良い、後期モデルのカブリオレが視野に入ってくる。整備記録の状態はまちまちのようだ。

6000ポンド(約93万円)以上

2.8Lエンジンのファイナル・エディションを含む、状態の良いカブリオレが中心。1995年式で、整備記録の揃った走行距離8万kmの2.6Lエンジン・モデルという例も、執筆時には英国で売られていた。

知っておくべきこと

ソフトトップがくたびれていたら、高品質な革靴用ブラシで磨いてみることをオススメする。プラストX(PlastX)というクリーナーは、樹脂製のリアウインドウをきれいにしてくれる。

Kシール(K-Seal)と呼ばれるクーラントの添加剤は、ヒーターマトリックスの漏れを止めるのに有効。試してみる価値はあるだろう。

エンジンの吹け上がりが良くない場合、スリック50(Slick 50)というインジェクター・クリーナーを試用してみたい。バルブリフターの不調には、オイル添加剤のトップエンド・トリートメント(Top End Treatment)が良いだろう。

英国で掘り出し物を発見

アウディ・カブリオレ 2.6E 登録:1995年 走行距離:14万4800km 価格:4000ポンド(約62万円)

整備記録もしっかり残り、タイミングベルトはすでに2度交換済み。3オーナー車で、レザーインテリアにブルーのソフトトップ、滑らかに回転する2.6L V6エンジンが載った、魅力的なカブリオレだ。

こんな記事も読まれています

[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
AUTOSPORT web
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
AUTOSPORT web
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
AUTOCAR JAPAN
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
motorsport.com 日本版
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
motorsport.com 日本版
7号車トヨタがレクサスとの接触でマシン破損/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 ウォームアップ
7号車トヨタがレクサスとの接触でマシン破損/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 ウォームアップ
AUTOSPORT web
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
AUTOCAR JAPAN
初心者でも安心! 自分のレベルに合わせてサーキットを楽しめる「GR Garage」主催の走行会に人気集中。ゲストドライバーに松井孝允選手も
初心者でも安心! 自分のレベルに合わせてサーキットを楽しめる「GR Garage」主催の走行会に人気集中。ゲストドライバーに松井孝允選手も
Auto Messe Web
“直線番長”プジョー9X8、劣勢も決勝に自信「正しいアプローチかどうかは、レースで分かる」/ル・マン24時間
“直線番長”プジョー9X8、劣勢も決勝に自信「正しいアプローチかどうかは、レースで分かる」/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
前年から運用方法が一部変更。2024年のル・マン24時間セーフティカールールをおさらい
前年から運用方法が一部変更。2024年のル・マン24時間セーフティカールールをおさらい
AUTOSPORT web
伝説の「6輪F1マシン」を生んだ小屋 70年前のティレル工場が移転保存 英国
伝説の「6輪F1マシン」を生んだ小屋 70年前のティレル工場が移転保存 英国
AUTOCAR JAPAN
JAFが義務化しているユニバーサルロゴの意味は? 実際にラリー車両に貼ってモータースポーツ参戦している人の声を聞いてきました
JAFが義務化しているユニバーサルロゴの意味は? 実際にラリー車両に貼ってモータースポーツ参戦している人の声を聞いてきました
Auto Messe Web
余裕と安心の「サイレント」スポーツ ベントレー 4 1/4リッター・ヴァンデンプラ(2) 創業者も認めた1台
余裕と安心の「サイレント」スポーツ ベントレー 4 1/4リッター・ヴァンデンプラ(2) 創業者も認めた1台
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村