現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン650S GT3最新型をジュネーブショーに出展

ここから本文です

マクラーレン650S GT3最新型をジュネーブショーに出展

掲載 更新
マクラーレン650S GT3最新型をジュネーブショーに出展

マクラーレン・オートモーティブは、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに2016シーズン向けの「650S」のレースカー「650S GT3」を出展すると4日、発表した。あわせてドライバーのラインアップも明らかにした。

マクラーレン650S GT3は、650Sのロードカーをベースに、FIAのGT3規格に適合するように設計されたGTレース車両。2014年に発表され、2015年よりアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、北米で開催されるレースに本格参戦し、優勝も経験している。

マクラーレンによれば、2016シーズンはさらに体制を強化して挑む。マシンの数を増やし、さらに多くのレースに出場するという。

2016シーズンのファクトリードライバーを務めるのは、今年から新たに加わるCome Ledogar(24)をはじめ、2012年からマクラーレンのファクトリードライバーを務めるRob Bell(ロブ・ベル・36)およびAlvaro Parente(アルバロ・パレンテ・31)。また育成ドライバーとしてColin Thompson(コリン・トンプソン・21)を迎える。

マクラーレンGTのマネージングダイレクター、アンドリュー・カーカルディは次のように述べている。
「2016シーズンはより多くのマシンを投入し、参戦レースも増えることで、もっともエキサイティングな1年になるだろう。レース経験が豊富で650Sのことも良く知るアルバロやロブと今シーズンをまた共に戦えることを光栄に思うし、新たにCome、そして育成ドライバーのコリンを迎えられてうれしい。Comeは数年前にスパでの走りを見たときから我々は目を付けていた。コリンは12月にポールリカールでのテストを行ったが、将来が楽しみなドライバーだ。2016年が我々にとっていい1年となることを願っている」。

こんな記事も読まれています

アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
バイクブロス
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
バイクのニュース
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
ルノー『ラファール』にもうひとつのアルピーヌ、「アトリエ」仕様登場…専用チューンの足回り
レスポンス
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
かっこいいわ…… ランクルの世界観を拡張するブランドアイテム「LAND CRUISER COLLECTION」春夏10商品が登場
ベストカーWeb
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
宿の看板猫ランキング2024。2年連続トップは「おもち」くん! ドライブで看板猫に会いに行きたい。
くるくら
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
驚愕「1億超え」も!? 日本一の高級車ってどのクルマ? いつか乗りたい“高級国産車”ランキングトップ3
くるまのニュース
つーか、これが限界。レッドブルのペレス、イモラでは8位も「望みうる最良の結果」予選Q2敗退が響く
つーか、これが限界。レッドブルのペレス、イモラでは8位も「望みうる最良の結果」予選Q2敗退が響く
motorsport.com 日本版
スズキが初代といわないのは認めてないから!? 2003年に登場した「スイフトスポーツ」の謎
スズキが初代といわないのは認めてないから!? 2003年に登場した「スイフトスポーツ」の謎
WEB CARTOP
新車で買える!? 三菱「最新型ランサー」まだあった! ダイナミック顔に顔面刷新されてる「“グランド”ランサー」とは
新車で買える!? 三菱「最新型ランサー」まだあった! ダイナミック顔に顔面刷新されてる「“グランド”ランサー」とは
くるまのニュース
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
上位入賞続け光明を見る山本尚貴の陰で、不運の連鎖に苦しむチームメイト佐藤蓮「この流れを断ち切りたい」|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
角田を攻略できたかも? ハースF1小松礼雄代表イモラ決勝を悔やむ「別のタイミングでピットストップすれば入賞を狙えた」
角田を攻略できたかも? ハースF1小松礼雄代表イモラ決勝を悔やむ「別のタイミングでピットストップすれば入賞を狙えた」
motorsport.com 日本版
4車線化と引き換えの「再有料化」目前 地元は歓迎? 今はまるで“渋滞ガチャ” 八木山バイパス
4車線化と引き換えの「再有料化」目前 地元は歓迎? 今はまるで“渋滞ガチャ” 八木山バイパス
乗りものニュース
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
VAGUE
超レトロ!? 新型「スポーツカー」発売! 丸目4灯×6速MT採用の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場で開発進む「M55」とは
超レトロ!? 新型「スポーツカー」発売! 丸目4灯×6速MT採用の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場で開発進む「M55」とは
くるまのニュース
峠道を気持ちよく駆け抜けられる!ハスクバーナの新型「ヴィットピレン401」に試乗しました~小野木里奈の○○○○○日和~
峠道を気持ちよく駆け抜けられる!ハスクバーナの新型「ヴィットピレン401」に試乗しました~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
涙のベッテル、イモラでのアイルトン・セナ追悼ランで“オーストリア国旗”も掲げる「彼が果たせなかったことを……」
涙のベッテル、イモラでのアイルトン・セナ追悼ランで“オーストリア国旗”も掲げる「彼が果たせなかったことを……」
motorsport.com 日本版
生誕50周年、シトロエン『CX』が全国から集まる! 日本シトロエンクラブが記念ミーティング
生誕50周年、シトロエン『CX』が全国から集まる! 日本シトロエンクラブが記念ミーティング
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3160.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1650.01750.0万円

中古車を検索
650S(クーペ)の車買取相場を調べる

マクラーレン 650S(クーペ)の中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3160.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1650.01750.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村