現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ”ハードコア”と”ミリタリー”! 「ジープ・ラングラー・アンリミテッド」に2つの個性派限定モデルが登場

ここから本文です

”ハードコア”と”ミリタリー”! 「ジープ・ラングラー・アンリミテッド」に2つの個性派限定モデルが登場

掲載 更新
”ハードコア”と”ミリタリー”! 「ジープ・ラングラー・アンリミテッド」に2つの個性派限定モデルが登場

ジープのイメージリーダーとなるラングラーの個性を際立たせるキャラクターに!

FCAジャパンは、ジープの本格オフローダー「ラングラー・アンリミテッド」に、ミリタリーテイスト溢れる専用アクセサリーや特別装備を採用した限定車「フリーダム・エディション」と、「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン」にオフロード装備をさらに充実させ、より個性的なデザインに仕立てた限定車「リーコン」を設定。2020年10月17日(土)より、全国のジープ正規ディーラーを通じてそれぞれ200台を販売する。

【大矢アキオの イタリアでcosì così でいこう!】FCAとPSAの合併準備進むが……嬉し? 困った? プレミアム

消費税込みの車両本体価格はフリーダム・エディションが5,350,000円、リーコンは6,290,000円だ。

「ラングラー・アンリミテッド・フリーダム・エディション」

卓越した悪路走破性や耐久性から、第二次世界大戦中に連合国軍の軍用車両として導入されたジープ。ラングラー・アンリミテッド・フリーダム・エディションは、そうしたヘリテージにオマージュを捧げ、“ミリタリー”をテーマとした専用アクセサリーによりファッション性が高められた。

エクステリアは、米軍を連想させる星型デカールをボンネットとリヤクォーターパネルに採用したほかテールゲートの「OSCAR MIKE(オスカーマイク)」ハードバッジや、パラシュートとジープのイラストをあしらった特製プレート、フロントフェンダーのUS国旗デカールなど、ミリタリーテイストの専用アクセサリーが随所に付加される。なお、オスカーマイクとは “On the move(移動中)”を表す軍事用語。このほか、17インチカーボン塗装アルミホイールが特別装備される。ボディカラーには、ビレットシルバーメタリックC/C(100台)をはじめ、ブライトホワイトC/C(70台)、ファイヤークラッカーレッドC/C(15台)、ヘラヤライエローC/C(15台)の4色が用意される。

インテリアには、タングステンカラーのステッチを施したステアリングホイールおよびレザー/ファブリックシートが採用。前席バックレストには、エンボス加工による「OSCAR MIKE」ロゴがあしらわれる。

なお、限定車は「アンリミテッド・スポーツ」をベースとしつつ、エンジンは通常の3.6L V6ユニットに代えて2.0L直列4気筒ターボユニットを搭載。同エンジンは、最大400Nmを誇るターボ車ならではの力強いトルクと11.5km/ℓの燃費性能を実現している。

※商品サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-freedom.html

「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・リーコン」

「ルビコン」は、高いオフロード性能を誇るラングラーの中でも悪路で極低速走行を可能とするローレンジギアや専用の4×4システムおよびスタビライザー解除機能などで走破性が一層強化されたハードコアモデル。この限定車は、そんなルビコンをベースにオフロード走行に役立つ装備やデザイン性を高めるアイテムをプラス。本格派としての風格がさらに強化された。

エクステリアは、フロントグリルがブラック仕上げとされエンジンフードとフェンダーにブラックデカールを採用、精悍な印象が強められた。また、ブラック仕上げの専用17インチアルミホイールや岩場などで車体への衝撃を緩和するステップアシスト付きヘビーデューティーロックスライダー、大径タイヤの背面装着に対応するMopar製ヒンジゲート・レインフォースメントにより機能とともにストイックな雰囲気が強められている。

さらに、オフロード走行やレスキューに役立つタイダウンクリップや牽引ストラップ、Dリング、グローブがセットとなったJeep Trail Ratedキットが装備。ボディカラーはターコイズブルーが目を引くビキニP/C(100台)と、「サハラ」で好評のグラナイトクリスタルメタリックC/C(同100台)がルビコンでは初めて設定される。

インテリアは、ブラックを基調とした上質で落ち着いた雰囲気に専用のレッドカラーシートベルトやレッドステッチ入りインスツルメントパネルがアクセントとして追加。装備はベース車同様、LEDヘッドライトや8.4インチタッチパネルモニター付きオーディオナビゲーションシステム、レザーシート(フロントシートヒーター付き)などが備わる。

※商品サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-recon.html

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

若者は“クルマ離れ”していない?カーシェアの実態から見えた“乗りたいキモチ” HMS調査
若者は“クルマ離れ”していない?カーシェアの実態から見えた“乗りたいキモチ” HMS調査
グーネット
ベントレー 新型「コンチネンタルGTスピード」英グッドウッドで初公開【動画あり】
ベントレー 新型「コンチネンタルGTスピード」英グッドウッドで初公開【動画あり】
グーネット
日常使いにぴったり!ランクル&ハイエース描いたデザイントート キャムショップ
日常使いにぴったり!ランクル&ハイエース描いたデザイントート キャムショップ
グーネット
[ヒール&トー]はもはや時代遅れ!? MT車のオートブリッピングはあり? 50代オジさんの正直レポート
[ヒール&トー]はもはや時代遅れ!? MT車のオートブリッピングはあり? 50代オジさんの正直レポート
ベストカーWeb
ニュル24時間の結果に対するローヴェの控訴が棄却。史上最短に終わったレースのウイナーが確定
ニュル24時間の結果に対するローヴェの控訴が棄却。史上最短に終わったレースのウイナーが確定
AUTOSPORT web
個人情報ダダ流しの心配あり!? 取り扱い注意!! 「ナンバープレート」の豆知識
個人情報ダダ流しの心配あり!? 取り扱い注意!! 「ナンバープレート」の豆知識
ベストカーWeb
パガーニが「イモラ ロードスター」と「ウアイラ エピトメ」を発表! 総勢6台で「グッドウッド FoS」に乗り込むにはワケがある!
パガーニが「イモラ ロードスター」と「ウアイラ エピトメ」を発表! 総勢6台で「グッドウッド FoS」に乗り込むにはワケがある!
Auto Messe Web
どんな要素で比べても「高得点」 ルノー・ルーテシア ベスト・コンパクト賞 AUTOCARアワード2024
どんな要素で比べても「高得点」 ルノー・ルーテシア ベスト・コンパクト賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
イギリスで技術面の進歩を確認したフェラーリF1。ポーパシングの原因を掴むも、次戦は”現行マシン”で対処か
イギリスで技術面の進歩を確認したフェラーリF1。ポーパシングの原因を掴むも、次戦は”現行マシン”で対処か
AUTOSPORT web
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
“惜しい戦い”が続くマクラーレン「トップ集団ではミスが露呈しやすくなる」とチームボス
“惜しい戦い”が続くマクラーレン「トップ集団ではミスが露呈しやすくなる」とチームボス
AUTOSPORT web
74式戦車よりも重いの!? “見た目トラックな”ロケットランチャー 裏には米国の影も
74式戦車よりも重いの!? “見た目トラックな”ロケットランチャー 裏には米国の影も
乗りものニュース
「家族でご飯食べただけなのに…」駐車料金がまさかの“超高額”に!?「つるの剛士」になぜ”悲劇“起きたのか
「家族でご飯食べただけなのに…」駐車料金がまさかの“超高額”に!?「つるの剛士」になぜ”悲劇“起きたのか
くるまのニュース
<新連載>[エンタメ環境向上計画]「ミラーリング」で映像系コンテンツを満喫!
<新連載>[エンタメ環境向上計画]「ミラーリング」で映像系コンテンツを満喫!
レスポンス
「チームとしてあまり競争力がなかった」リカルド、予選以上にレースで苦戦した原因を探す/F1第12戦
「チームとしてあまり競争力がなかった」リカルド、予選以上にレースで苦戦した原因を探す/F1第12戦
AUTOSPORT web
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
AUTOCAR JAPAN
戦前のアメ車のためにガレージもつくった! シボレー「フリートライン」のオーナーが探していたのは「インパラ」だったのに、なぜ…
戦前のアメ車のためにガレージもつくった! シボレー「フリートライン」のオーナーが探していたのは「インパラ」だったのに、なぜ…
Auto Messe Web
アイス性能が大幅に進化、トーヨータイヤの新スタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ3」が発売
アイス性能が大幅に進化、トーヨータイヤの新スタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ3」が発売
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81878.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81878.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村