サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン「接触なければレッドブルと優勝争いできた」小児患者との交流も鼓舞する力に|F1スペインGP

ここから本文です

 カタルニア・サーキットで行なわれたF1第6戦スペインGPで、メルセデスのルイス・ハミルトンは5位フィニッシュ。しかし彼は1周目の接触が無ければ、レッドブル勢と上位を争うことができたと主張している。

 ハミルトンが指摘した接触は、オープニングラップのターン3で発生。アウト側に位置していたケビン・マグヌッセン(ハース)と接触してしまい、タイヤにダメージを負ったことでスローダウン。ピットインを強いられ、トップからは50秒以上の遅れとなってしまった。

■レッドブル1-2! フェルスタッペンが困難跳ね除け3連勝。ルクレールに悲劇……角田裕毅10位|F1第6戦スペインGP

 当初はリタイアしてエンジンを温存したほうがいいのではないかとも、ハミルトンは無線で語っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ